【2024年】安いポケット型WiFiおすすめランキング!容量無制限・レンタル型も紹介

アイキャッチ
免責事項
情報の更新を心がけておりますが、最新情報と異なる可能性がございます。最新情報は各サイトにてご確認ください。このページはアフィリエイトにより収益を得る場合があります。広告を含む商品・サービスには「PR」と表示します。

ポケット型WiFiとは、家だけでなく外出先でも快適に通信が利用できる、持ち運び可能なWiFiサービスです。

ポケット型WiFiを検討している方の中には、「少しでも安い月額料金でお得にインターネット回線を利用したい」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この記事では、安いポケット型WiFiのおすすめランキングをランキング形式・データ容量別で解説しています。

【おすすめのポケット型WiFi】

スクロールできます
サービス名月額料金実質料金(3年)速度違約金キャンペーン
GMOとくとくBB WiMAXgmoとくとくBBWiMAX1ヶ月目:1,089円
2~35ヶ月目:3,784円
36ヶ月目以降:4,334円
4,231円ダウンロード最大通信速度:2.7Gbps
アップロード最大通信速度:183Mbps
無料・25,000円キャッシュバック
・乗り換え時の解約違約金
・端末残債などに最大41,000円キャッシュバック
BIGLOBE WiMAXBIGLOBE WiMAX初月:無料
次月~24ヶ月目:3,267円
25ヶ月目以降:4,928円
※口座振替利用時は220円の手数料が加算
4,884円ダウンロード最大通信速度:2.7Gbps
アップロード最大通信速度:183Mbps
無料・初月無料
MONSTER MOBILEMONSTER MOBILE【20GB】
1ヶ月目以降:1,980円
20GB:2,042円ダウンロード最大通信速度:150Mbps
アップロード最大通信速度:50Mbps
20GB:1,980円・初月半額キャンペーン
・「SAISON CARD Digital」×「MONSTER MOBILE」タイアップキャンペーン
・14日間お試しキャンペーン
THE WiFiTHE WiFi40GB:2,596円40GB:2,728円ダウンロード最大通信速度:150Mbps
アップロード最大通信速度:50Mbps
無料・30日間お試し
MONSTER MOBILEMONSTER MOBILE【100GB】
1ヶ月目以降:2,948円
100GB:2,997円ダウンロード最大通信速度:150Mbps
アップロード最大通信速度:50Mbps
100GB:2,948円・初月半額キャンペーン
・「SAISON CARD Digital」×「MONSTER MOBILE」タイアップキャンペーン
・14日間お試しキャンペーン
hi-ho Let’s Wi-Fihi-ho Let's Wi-Fi1日7GB・30日210GB
1~11ヶ月目:3,278円
12ヶ月目~:4,730円
1日7GB・30日210GB:4,259円ダウンロード最大通信速度:150Mbps
アップロード最大通信速度:50Mbps
1日7GB・30日210GB:4,300円+端末代残債・もっと!鬼コスパキャンペーン
Chat WiFiChat WiFiルータープラン・縛りなしプラン
20GB:2,600円~
50GB:2,980円
~200GB:4,928円~
ルータープラン・縛りなしプラン20GB:2,674円
50GB:3,054円200GB:5,002円
ダウンロード最大通信速度:150Mbps
アップロード最大通信速度:50Mbps
縛りなしプランは無料・新春キャンペーン
それがだいじWi-FiそれがだいじWi-Fi30GB:2,585円
100GB:3,267円
30GB:2,767円
100GB:3,449円
※縛りなしオプションの利用時
ダウンロード最大通信速度:150Mbps
アップロード最大通信速度:50Mbps
縛りなしオプションの利用で無料・30日間お試しキャンペーン
楽天モバイル楽天モバイル3GBまで:1,078円
20GBまで:2,178円無制限(楽天回線エリア外は最大
1Mbpsで使い放題):3,278円
3,278円ダウンロード最大通信速度:867Mbps無料・Rakuten WiFi Pocket 1円キャンペーン
WiFiレンタルどっとこむ
Wi-Fiレンタルどっとこむ
1日:496円~
30泊31日:3,965円~
1日:496円~
30泊31日:3,965円~
ダウンロード最大通信速度:2.7Gbps
アップロード最大通信速度:183Mbps
※レンタルするポケット型WiFiの種類によって異なる
この記事でわかること
  • ポケット型WiFiは大きく4種類に分けられる
  • 安いポケット型WiFiを選ぶ際は実質の月額料金で比較する
  • データ容量や通信速度、エリアも判断材料
  • WiMAXなら月額料金の安いGMOとくとくBB WiMAXおすすめ
  • クラウドSIMはデータ容量に合わせておすすめのWiFiを選ぶと良い

また今回は、安いポケット型WiFi契約する際の注意点も紹介しております。

ミカタロウ

この記事を最後まで読めば、お得なポケット型WiFiを安心して契約できますよ!

この記事の監修者
小川正人(Ogawa Masato)

インターネット回線専門家
新聞社が推薦する通信サービスに精通したコンサルタント。QUANTA代表。スマホや格安SIM・ポケット型WiFi・光回線などの通信、モバイルサービスの専門家。大手家電量販店で販売員を行っていたが光回線やモバイルサービスの種類や料金体系の複雑さを痛感。「お客様が最適なプランを選べるようにしたい」との思いからlivedoorの通信サービスメディアサイト「livedoor Choice」に携わる。
マイベストプロ東京プロフィールページ

目次

ポケット型WiFiの種類

安いポケット型WiFiを選ぶためには、まずポケット型WiFiの基礎を知っておかなければなりません。

ポケットwifiは、主に以下の3種類に分けられます。

主なポケット型WiFiの種類
  1. WiMAX回線を利用したWiMAX(wimax)
  2. 3大キャリアの回線を利用したクラウドSIM
  3. ソフトバンク・au・ドコモそれぞれの回線を利用した3大キャリア系

また、それぞれのポケット型WiFiには、以下のような特徴があります。

【ポケット型WiFiごとの特徴】

スクロールできます
ポケット型WiFiWiMAXクラウドSIMキャリア系
通信回線au回線、WiMAX回線ドコモ、au、ソフトバンク回線のうちつながりやすい回線ドコモ回線au回線ソフトバンク回線楽天回線
通信速度○比較的速い△遅い◎速い
月額料金○約4,500円○約3,500円~データ容量による△約1,000円~7,000円データ容量による
エリア○比較的広い◎広い◎広い
データ容量◎無制限
○20GB~210GB
プランによる
○30GB~無制限
※サービス内容により異なる

WiMAXは通信速度が比較的速くデータ容量が無制限で使いやすいポケット型WiFiですが、月額料金はクラウドSIM系より高めです。

クラウドSIM系のポケット型WiFiは自分に合ったデータ量のプランが選べるうえに、そもそも月額料金が安いのでWiMAXよりも料金を抑えられます。

しかし、通信速度が不安定になることがあり、使い勝手が良くない面もあります。

猫ちゃん

キャリア系のポケット型WiFiは、通信速度・データ容量に優れていますが、そのぶん月額料金も高めに設定されているよ!

このように、それぞれの回線の種類によって料金や通信速度、データ容量などの特徴が異なるため、自分に合っているのはどれかを比較してみてください。

たとえば、外出先で通信速度が速く大量のデータを使えるネット回線が必要な場合は、WiMAXが適しています。

一方で、「料金をできるだけ抑えたい」「使うデータ量が限られている」という場合は、クラウドSIM系のポケット型WiFiがおすすめです。

キャリア系のポケット型WiFiは、とにかく通信速度の速さを求める場合に適しているでしょう。

ミカタロウ

どちらも気になるデメリットがあるんだね!

最もおすすめなのは、通信速度・月額料金・データ容量・エリアの全バランスがとれた、WiMAXのポケット型WiFiです。

また、月額料金を重視する場合、小さめのデータ容量で安価に抑えられるクラウドSIMのポケット型WiFiも良いでしょう。

ここでは、それぞれのポケット型WiFiの種類について解説します。

WiMAX・au

WiMAXはUQコミュニケーションズ社が提供している、au回線とWiMAX回線を使用するポケット型WiFiです。

auのポケット型WiFiもWiMAXと同じ端末を使用しています。

WiMAX・auのポケット型WiFiはデータ容量が無制限で5G通信に対応しており、端末スペックも高いため通信が比較的安定しています。

ミカタロウ

WiMAXの最新機種は最大速度が3.9Gbps!光回線を上回っているよ。

また、プロバイダを選べばお得なキャンペーンを利用でき、auとUQモバイルのセット割が使えるプロバイダも多く、料金面のメリットもあります。

WiMAXのプロバイダは非常に多いので、それぞれのキャンペーン内容や料金などを比較して自分に合ったプロバイダを選びましょう。

おすすめのWiMAXプロバイダについては、こちら『【WiMAX】安いポケット型WiFiおすすめランキング』で詳しくご説明しているのでご覧ください。

猫ちゃん

しかし、WiMAXは地下やビル街、建物の中、トンネル内、山間部などで電波がつながりにくいことがあり、海外で使えないというデメリットもあります。

海外でそのまま使いたいなら、クラウドSIM系のポケット型WiFiの方がおすすめです。

WiMAX・auのポケット型WiFiのメリットとデメリットは以下のとおりです。

WiMAX・auのメリット
  • データ容量が無制限
  • 5G通信に対応しており、通信速度が比較的速い
  • モバイル端末のスペックが良い
  • プロバイダ独自キャンペーンが豊富でお得に契約できる
  • auとUQモバイルのセット割が使えるプロバイダが多い
  • ホームルーターも選べる
WiMAX・auのデメリット
  • 場所によっては電波がつながりにくい場合がある
  • 海外でそのまま使うことはできない

キャリア系

ドコモ、ワイモバイル、ソフトバンク・楽天モバイルのそれぞれのキャリアが提供するポケット型WiFiもあります。

通信速度が速いですが、月額料金が高めというデメリットもあります。

それぞれのポケット型WiFiの料金プランは以下のとおりです。

【キャリア系ポケット型WiFiの料金プラン比較】

スクロールできます
ソフトバンクワイモバイルドコモ楽天
使用回線ソフトバンク回線ソフトバンク回線ドコモ回線楽天回線au・回線
月額料金とデータ容量3GB:990円~50GB:5,280円7GB:4,066円無制限:4,818円無制限:7,315円3GB:1,078円3~20GB:2,178円無制限:3,278円
※価格はすべて税込み

ソフトバンクとワイモバイルはポケット型WiFi専用のプランがありますが、ドコモと楽天には専用プランがないためスマホプランを契約して使います。

楽天回線は料金が格安ですが、他のキャリアと比較して通信が不安定というデメリットがあります。

キャリア系ポケット型WiFiのメリットとデメリットは以下のとおりです。

キャリア系ポケット型WiFiのメリット
  • 通信品質が安定しており比較的通信速度が速い
  • 5G通信に対応している
  • ドコモはドコモスマホのセット割が使える
キャリア系ポケット型WiFiのデメリット
  • 楽天モバイル以外は月額料金が高い
  • 楽天回線エリアは通信が不安定

クラウドSIM系

クラウドSIM系のポケット型WiFiはドコモ、au、ソフトバンクのいずれかの回線を使うので、対応エリアが広いです。

データ容量に応じて月額料金が決まるプランを多く提供しており、コストが安いというメリットもあります。

ただし、通信速度が安定しないこともあり、端末スペックが低いというデメリットもあるので注意が必要です。

ミカタロウ

データ容量や契約期間、使える端末などによって月額料金が変わるので、自分に合ったクラウドSIM系のポケット型WiFiを選びましょう。

おすすめのクラウドSIM系のポケット型WiFiについては、こちら『【クラウドWiFi】安いポケット型WiFiデータ容量別のおすすめ』で詳しく解説しています。

クラウドSIM系のポケット型WiFiのメリットとデメリットは以下のとおりです。

クラウドSIM系ポケット型WiFiのメリット
  • 月額料金が安い
  • 使いたいデータ量のプランを選べる
  • 対応エリアが広く電波がつながりやすい
  • 端末がレンタルで無料になることもある
  • 海外でそのまま使える
クラウドSIM系ポケット型WiFiのデメリット
  • データ量が無制限のプランがない
  • 通信速度が安定せず遅いことがある

安いポケット型WiFiの選び方のポイント

ここでは安いポケット型WiFiの選び方のポイントを解説します。

安いポケット型WiFiを選ぶためには、いくつかのポイントを抑える必要があります。

以下の選び方のポイントごとにポケット型WiFiを比較して、少しでも安く自分に合ったポケット型WiFiを選んでみてください。

①実質月額料金が安いかどうか

本当に安いポケット型WiFiを選ぶには、単なる月額料金ではなく、実質月額料金に注目しなければなりません。

実質月額料金とは、手数料や端末代などの費用、キャンペーンや割引などを、すべて月額料金に反映した「実質的な月額料金」のことです。

実質月額料金を利用すれば、条件の異なるポケット型WiFi同士でも、簡単かつ公平に比較できます。

たとえば、「キャッシュバックが高額でも月額料金がそもそも高い」「キャッシュバックをもらうためには有料オプションへの加入が必要」な場合もあります。

またキャッシュバック申請が契約から1年後や2年後で、申請を忘れやすいケースもあるため注意が必要です。

ミカタロウ

高額なキャッシュバックでも受け取り損ねたら意味がないね。

このような場合、キャッシュバックがいくら高額でも実質月額料金を計算するとそこまで安くなっていないこともあるのです。

具体的には、以下のようなケースで実質月額料金が高くなりがちなので注意しましょう。

実質月額料金が高くなりがちなケース
  • 有料オプションの加入が必須
  • 月額料金が安いのは最初だけで、後で高額になる
  • キャッシュバックなどの受取条件が厳しく受け取れないことが多い
  • そもそも月額料金が高い
  • 工事費用や端末代金などの初期費用が高い

キャンペーンが高額な代理店窓口から申し込むとお得に契約できそうですが、実際の料金が安くなるかどうかを実質月額料金で比較することをおすすめします。

どの回線窓口を選ぶべきかをじっくりと比較して、自分に合ったお得に契約できる回線を選んでくださいね。

ミカタロウ

キャッシュバックだけ、割引だけのポケット型WiFiも、実質月額料金で比べれば、どちらが安いか一目瞭然だね!

②データ容量は足りているか

ポケットwifiの月額料金は、データ容量が多いほど高く、データ容量が少ないほど低く設定されています。

月額料金の安さのみでデータ容量が足りないサービスを選ぶと、使い勝手が悪いのはもちろん、データ容量の追加購入にかかる費用も発生するため注意が必要です。

月に必要なデータ量によって、自分の向いているポケット型WiFiが、データ容量が無制限のWiMAXなのか、データ容量の上限が決まっているクラウドSIM系なのかが変わります。

WiMAXは月額料金が高めですが、その代わりデータ容量が無制限で使い放題、かつ、通信速度が速くバランスが良いポケット型WiFiです。

一方、クラウドSIM系のポケット型WiFiは月額料金が安いですが、データ容量の上限があり通信速度はそこまで期待できません。

ミカタロウ

データ容量を気にせずに使いたいならWiMAX、自分に合ったデータ容量を選びたいならクラウドSIM系がいいね。

どれくらいのデータ量が必要か、求める通信速度や使い勝手、料金面などを比較して、自分に合ったポケット型WiFiを選びましょう。

しかし、自分にはどれくらいのデータ容量が必要かわからない、日によって使うデータ量が違うからプラン選びが難しいという人もいるのではないでしょうか。

たとえば、動画を観るとどれくらいのデータ量を消費するのかがわかれば、普段の動画視聴時間から必要なデータ量を割り出せます。

猫ちゃん

ここでは、作業ごとの必要なデータ量の目安をご紹介します。

普段ネットを使って自分が何をするのか、どれくらいの時間を使うのかを考えて、必要なデータ容量を割り出してみてください。

【データ量ごとにできることの目安】

スクロールできます
できること1GB20GB100GB200GB
Webページを開く約2,300回約46,000回約230,000回約460,000回
500万画素の画像をメールで送信する約333件約6666件約33,300件約66,600件
YouTubeを視聴する(HD画質)約1.4時間約28時間約140時間約280時間
スカイプで会話する約1,700分約34,000分=約567時間約2,833時間約5,666時間

たとえば、動画を毎日4時間程度観る場合、視聴時間は4時間×30日で1ヶ月に約120時間です

この場合、上記の表からデータ量は100GB程度必要ということがわかります。

また、外出先では動画などをほとんど観ずWebページを見られれば良い人は、20GB程度のデータ量で十分な場合もあるでしょう。

このように、自分にはどれくらいのデータ量が必要なのかを割り出してみてください。

猫ちゃん

でも、逆にデータ容量が多すぎるサービスを選ぶと、不必要に高い値段になるね。

ミカタロウ

自分に合ったポケット型WiFiを選ぶために、まず理想的なデータ容量を知っておこう。

③通信速度やエリアは自分に合っているか

ポケット型WiFiの通信速度やエリアは、各プロバイダによってそれぞれ異なります。

月額料金やデータ容量などの条件が良いサービスであっても、「満足いく通信速度が出ない」「使いたい場所がエリア外」では意味がありません。

WiMAX・クラウドSIM・3大キャリア系・楽天モバイルのポケット型WiFiの通信速度やエリアは、以下のとおりです。

【ポケット型WiFiごとの回線・通信速度・エリア】

スクロールできます
WiMAXクラウドSIM3大キャリア系楽天モバイル
回線WiMAX +5G回線
(au 5G・au 4G LTE・WiMAX2+回線)
ソフトバンク・au・ドコモのトリプルキャリア回線
※サービス会社によって異なる
ソフトバンク・au・ドコモのそれぞれの回線楽天回線
(楽天4G LTE・楽天5G回線)
パートナー回線
(au回線)
通信速度ダウンロード最大通信速度:3.9Gbps
アップロード最大通信速度:183Mbps
ダウンロード最大通信速度:150Mbps
アップロード最大通信速度:50Mbps
※サービス会社によって異なる
【ソフトバンク】
ダウンロード最大通信速度:3.0Gbps
アップロード最大通信速度:298Mbps

【au】
ダウンロード最大通信速度:2.2Gbps
アップロード最大通信速度:183Mbps

【ドコモ】
ダウンロード最大通信速度:4.9Gbps
アップロード最大通信速度:1.1Gbps
ダウンロード最大通信速度:867Mbps
エリア一部地域を除く全国一部地域を除く全国一部地域を除く全国一部地域を除く全国

どのポケット型WiFiも、一部地域を除く全国で利用できます。

ただし、山間部などでは若干の違いがありますので、契約の際は必ずエリアを確認しておきましょう。

また通信速度については、重視するならWiMAXのポケット型WiFi、それほど重視しないならクラウドSIMのポケット型WiFiがおすすめです。

④実測値は問題ないか

通信速度を比較する際には公表されている最大速度も大事ですが、実際の速度を測定した実測値を参考にしましょう。

通信速度の実測値は、通信速度の投稿サイト「みんなのネット回線速度」や、TwitterなどのSNSでの書き込みから調べられます。

みんなのネット回線速度から、WiMAXと主なクラウドSIM系ポケット型WiFiの通信速度実測値を比較してみましょう。

【WiMAXと主なクラウドSIM系ポケット型WiFiの平均通信速度実測値比較】

スクロールできます
回線名WiMAXクラウドSIM系:THE WiFiクラウドSIM系:ゼウス WifiクラウドSIM系:MONSTER MOBILE
下り速度69.05Mbps15.14Mbps14.2Mbps13.62Mbps
上り速度15.72Mbps9.31Mbps8.09Mbps12.12Mbps
Ping値52.52ms52.54ms53.54ms39.4ms
※「みんなのネット回線速度」(https://minsoku.net/)より

上記の表のように、WiMAXやクラウドSIM系ポケット型WiFiの通信速度の実測値平均を比較できます。

WiMAXは通信速度が比較的速く、クラウドSIM系は遅いことがわかりますね。

また、TwitterなどのSNSで知りたい回線名で検索すると、実際の通信速度が記載された口コミが見つかる場合もあります。

今使ってるWiMAX、契約してから3年の間ずっと良くて11Mbpsぐらいしか出てないへなちょこだったんだけどこの数日で急にそんなに?ってぐらい改善したのなんで?悪が倒された?

/ 使用中のインターネットの速度は: 240Mbps. お使いのインターネットの速度はどのくらいですか? https://t.co/UdstD8T84i

— クロビス (@KUROBIS) July 8, 2023

WiMAXの通信速度が240Mbpsも出て速く快適というツイートが見つかりました。

240Mbpsは高速な通信速度といえ、動画視聴やゲームプレイなども可能なレベルです。

他にも、ゼウスWiFiの下り速度は26.13Mbps、上り速度は9.34Mbpsという結果をコメントしている人もいました。

ミカタロウ

選ぶサービスによって通信速度が全然違うんだね。

このように、TwitterなどのSNSで検索すると、実際の速度に関する口コミが見つかります。

なお、インターネットの使い方によって、必要な通信速度は異なります。

以下の表にインターネットでできることと必要な速度の目安をまとめたので、参考にしてみてください。

【インターネットでできることと必要な速度の目安】

上り/下り できること 必要な速度の目安
下り速度 ・Webページの閲覧
・LINEやSNS、メールでテキストデータを受信
1Mbps
・YouTube動画視聴(低画質)
・ビデオ通話
3Mbps
YouTube動画視聴(高画質) 5Mbps
4K動画視聴 25Mbps
オンラインゲーム 100MbpsかつPING値30ms以下
上り速度 ・LINEやSNS、メールでテキストデータ送信 1Mbps
・SNSなどへの画像投稿
・ビデオ通話
3Mbps
・SNSなどへの動画投稿
・データ共有
10Mbps

上記の表のとおり、オンラインゲームや高画質動画の視聴などを行う場合は高速通信が求められます。

また、ポケット型WiFiやホームルーターは速度が安定しないことも多いため、オンラインゲームや動画視聴には不向きであるといえます。

オンラインゲームをストレスなく楽しみたいのであれば、光回線を選ぶことをおすすめします。

⑤契約期間・最低利用期間は問題ないか

ポケット型WiFiのそれぞれのプランで、契約期間や最低利用期間が異なります。

契約期間が定められているプランの場合、時期によっては解約違約金が発生する代わりに月額料金が安いです。

一方、契約期間がなくいつ解約しても違約金が発生しないプランは、月額料金が高めです。

そのため、ポケット型WiFiの期間利用によって、おすすめのブランが変わってきます。

ミカタロウ

どうやって選べばいいんだろう?

2年より長く使う予定がある場合、月額料金が安い契約期間があるプランがおすすめです。

一方、短期間の利用の場合は、契約期間の縛りがなく違約金が発生しないプランの方が良いでしょう。

ただ最近は解約違約金が安くなっており、違約金が月額料金1ヶ月分で数千円という窓口が増えてきました。

そのため、ある程度継続して使うつもりがあるなら、契約期間縛りがあるプランの方がトータルで見ると安くなるかもしれません。

ミカタロウ

2年以上使い続けるかどうかがひとつの目安なんだね。

また解約違約金とは別に、解約時に端末代金の残債支払いが発生するケースもあるので注意しましょう。

端末代金が実質無料の場合、24ヶ月など一定期間継続利用すれば端末代金が無料になります。

しかし、24ヶ月以内など端末代金の分割支払い中に解約すると、残りの端末代金を支払う必要がある場合がほとんどです。

このように解約違約金以外にも、端末代金や工事費用の残債支払いが発生する場合もあるので注意しましょう。

⑥使っているスマホとのセット割が適用できるか

スマホのセット割についても重要なポイントです。

ポケット型WiFiとスマホを一緒に利用するとセット割が適用されて、スマホ料金がお得になる割引があります。

通信費用をトータルで削減できるので、今お使いのスマホとのセット割が適用されるポケット型WiFiを選ぶことをおすすめします。

ポケット型WiFiそれぞれで適用されるセット割について以下のとおりです。

【ポケット型WiFiのセット割適用有無】

スクロールできます
WiMAXキャリア系ポケット型WiFi:ソフトバンクキャリア系ポケット型WiFi:auキャリア系ポケット型WiFi:ドコモキャリア系ポケット型WiFi:楽天クラウドSIM系ポケット型WiFi
セット割可能なスマホau、UQモバイル ※au、UQモバイルドコモ
最大割引額1,100円1,100円1,100円
※プロバイダによりセット割がない場合もある

WiMAXはau、UQモバイルユーザーが、ドコモはドコモユーザーがそれぞれお得です。

クラウドSIM系ポケット型WiFiは月額料金が安く、基本的にスマホのセット割がないため、ご注意ください。

⑦サポート体制は問題ないか

ポケット型WiFiを選ぶ際には、サポート体制もチェックしておきましょう。

クラウドSIM系のポケット型WiFiやWiMAXの小規模なプロバイダの場合、料金が安い代わりにサポート体制が十分でないケースがあります。

電話で問い合わせしたいのに電話の窓口がない、チャットサポートや電話で問い合わせてもまったくつながらないということもあります。

ミカタロウ

困ったことがあったときに気軽に問い合わせたい場合は、サポート体制が整っているWiMAXプロバイダやキャリア系のポケット型WiFiを選びましょう。

しかしサポート体制が手厚いプロバイダは、料金が高い場合も多いです。

そのため、料金面とサポート面を比較して、自分に合ったプロバイダを選んでください。

【WiMAX】安いポケット型WiFiおすすめランキング

WiMAX回線を利用したWiMAXのポケット型WiFiは、通信速度・月額料金・データ容量・エリアの3つのバランスがとれています。

まずは、そんなWiMAXのポケット型WiFiのおすすめを見てみましょう。

WiMAXのポケット型WiFiは、さまざまなプロバイダ(販売代理店)経由で契約できます。

WiMAXプロバイダごとの違いは、以下のとおりです。

【WiMAXプロバイダ22社の比較】

スクロールできます
プロバイダ実質月額料金
(3年)
データ容量契約期間
GMOとくとくBB WiMAX4,231円無制限なし
ZEUS WiMAX3,686円
※新規受付停止中
無制限3年間
ヨドバシWiMAX4,814円無制限なし
BIGLOBE-WiMAX4,884円無制限なし
Vision WiMAX5,516円無制限2年間
5G CONNECT4,396円無制限2年間
BIC WiMAX4,721円無制限なし
Broad WiMAX4,671円無制限2年間
シンプルWiFi4,929円無制限なし
カシモWiMAX4,815円無制限なし
DTI WiMAX4,448円無制限2年間
UQ WiMAX5,067円無制限なし
FreeMax+5G4,889円無制限なし
hi-ho WiMAX4,996円無制限2年間
EXWiMAX5,055円無制限2年間
スマモバWiMAX+5G6,222円無制限なし
DIS mobile WiMAX5,167円無制限なし
KT WiMAX5,549円無制限なし
YAMADA air mobile5,549円無制限なし
エディオンネット5,549円無制限なし
So-net モバイル WiMAX5,494円無制限なし
au WiMAX6,103円無制限なし

どのWiMAXプロバイダも、月間データ容量の上限はありません。

負担にならない契約期間のプロバイダの中から、実質月額料金の安いところを選ぶのがおすすめです。

ここからは、おすすめのWiMAXプロバイダとして、以下の2つを詳しくご紹介します。

1位:GMOとくとくBB WiMAX・・・au・UQモバイルのスマホとセット割でさらにお得に

gmoとくとくBBWiMAX

参照:GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAXは、実質月額料金が最安のWiMAXプロバイダです。

【GMOとくとくBB WiMAXの概要】

回線WiMAX +5G回線
(au 5G・au 4G LTE・WiMAX2+回線)
エリア一部地域を除く全国
通信速度ダウンロード最大通信速度:3.9Gbps
アップロード最大通信速度:183Mbps
データ容量無制限
※プラスエリアモードは15GBまでの制限あり
実質月額料金4,181円
事務手数料3,300円
端末代金27,720円
(一括または36回の分割払い)
月額料金1ヶ月目:1,089円
2~35ヶ月目:3,784円
36ヶ月目以降:4,334円
セット割■auスマートバリュー
auのスマホとセットで1台あたり最大1,100円割引

■自宅セット割
UQモバイルのスマホとセットで1台あたり最大1,100円割引
契約期間最低利用期間:2年間
解約違約金:なし
ただし、36ヶ月以内に解約すると、端末代金の残債支払いが発生する
キャンペーン・25,000円キャッシュバック
・乗り換え時の解約違約金
・端末残債などに最大41,000円キャッシュバック

GMOとくとくBB WiMAXは25,000円の高額キャッシュバックを行っており、数あるWiMAXプロバイダの中で最安の実質月額料金を実現しています。

2年間の契約期間があるものの、解約違約金が無料なため、実質的な縛りがありません。

さらに、auスマートバリュー・自宅セット割の利用で、au・UQモバイルのスマホの割引も受けられます。

ただし、キャッシュバックの受け取りは、最短12ヶ月後とほかのWiMAXプロバイダよりやや遅めです。

ミカタロウ

とにかくお得にWiMAXのポケット型WiFiを使いたい人におすすめといえますね!

WiFiレンタルどっとこむていうところ、月を跨いでも日数で計算してくれるし安いのでよく利用しています。空港で受取返却できますし。

— ふみ🇨🇭 (@23nkmr) June 18, 2022

GMOとくとくBB WiMAXは、高額なキャッシュバックがもらえるうえ、実質月額料金が最安のWiMAXプロバイダです。

安いWiMAXのポケット型WiFiをお探しなら、最も契約を検討すべきサービスといえます。

WiFiレンタルどっとこむていうところ、月を跨いでも日数で計算してくれるし安いのでよく利用しています。空港で受取返却できますし。

— ふみ🇨🇭 (@23nkmr) June 18, 2022

GMOとくとくBB WiMAXは高額なキャッシュバックキャンペーンを行っていますが、ほかのWiMAXプロバイダに比べて受け取り時期が遅く、また手続きが若干複雑です。

もらい忘れがないよう、十分に注意しましょう。

GMOとくとくBB WiMAXのポケット型WiFiのおすすめポイント
  • WiMAXプロバイダの中で最安の実質月額料金
  • 契約期間・解約違約金の縛りがない

GMOとくとくBB WiMAXについて詳しく知りたい方は、【GMOとくとくBBWiMAXの評判・口コミ】をご確認ください。

GMOとくとくBB WiMAXの公式サイトはこちら>

GMOとくとくBB WiMAXへ他社から乗り換えるなら最大41,000円キャッシュバック

GMOとくとくBB WiMAXでは、他社から乗り換え時の解約違約金・端末残債などに対して、最大41,000円のキャッシュバックを行っています。

【GMOとくとくBB WiMAX 乗り換えキャッシュバックキャンペーンの概要】

特典・解約違約金や端末残債などが20,000円未満なら25,000円キャッシュバック
・解約違約金や端末残債などが20,000円以上なら41,000円キャッシュバック
※上記2つの値段については税抜き
適用条件・2年契約プランの申し込み後、解約違約金キャッシュバック申請フォームからキャンペーンの利用を申し込むこと
・2年契約プランの申し込み時に、他社サービスを利用していること
・他社サービス解約時に解約違約金・端末残債などの支払いが発生すること
・2年契約プランの申し込みから3ヶ月目の末日までに、他社サービスを解約・指定の方法で解約費用明細の写真を提出すること

解約費用に合わせて最大41,000円がキャッシュバックされるため、他社サービスからでも安心してGMOとくとくBB WiMAXに乗り換えられます。

ただし、通常特典の25,000円キャッシュバックキャンペーンとは、併用できません。

なお、GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックの申請から受け取りまでの流れは以下のとおりです。

キャッシュバックをもらうためには申請が必要なので、忘れないようにしましょう。

キャッシュバック25,500円の受け取りの流れ
  1. 端末が発送されてから11ヶ月目に案内メールが届く
  2. メールの案内に従って振込先口座情報を登録する
  3. 口座登録した翌月の末日(営業日)に現金が指定口座に振り込まれる
他社からの乗り換えで解約費用がかかる場合のキャッシュバック最大40,000円の受け取りの流れ
  1. GMOとくとくBB WiMAXを申し込み後に届くメールの解約違約金キャッシュバック申請フォームから申し込む
  2. 端末が発送された月を1ヶ月目として3ヶ月目の末日までに他社回線を解約して解約違約金の明細を提出する
  3. 端末が発送されてから11ヶ月目に案内メールが届く
  4. メールの案内に従って振込先口座情報を登録する
  5. 口座登録した翌月の末日(営業日)に現金が指定口座に振り込まれる

どちらの場合も端末が発送されてから約1年後にキャッシュバック申請をする必要があるため、注意しましょう。

また他社回線の解約費用の還元を受ける場合は、解約費用がかかったことがわかる書類を提出する必要があります。

ミカタロウ

乗り換えキャンペーンがあるWiMAXプロバイダは、それほど多くないよ。

キャッシュバック申請まで時間がかかるので、スマホのカレンダーアプリに登録するなど申請を忘れないようにしましょう。

猫ちゃん

他社サービス利用中の方は、ぜひGMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックをうまく利用してくださいね!

月額料金値引きで44,693円相当お得になる!

GMOとくとくBB WiMAXでは3年間月額割引を受けられて、トータルで44,693円もの値引きを受けられるのでとてもお得です。

GMOとくとくBB WiMAXの月額料金割引内容
  • 端末発送月:通常料金5,302円→1,089円(4,213円値引き)
  • 1~12ヶ月:通常料金5,302円→3,784円(1,518円値引き×12回=18,216円値引き)
  • 13~35ヶ月:通常料金5,302円→4,334円(968円値引き×23回=22,264円値引き)

合計44,693円の月額料金の割引が、申請が不要で自動的に恩恵を受けられるのでうれしいですね。

猫ちゃん

キャッシュバックに加えて割引も利用できるんですね!

ミカタロウ

実質月額料金が最安になるのも納得です。

GMOとくとくBB WiMAXの公式サイトはこちら>

2位:5G CONNECT・・・料金体系がシンプルでお試しで利用もできる

5Gconnect

5G CONNECTは料金体系がシンプルなWiMAXプロバイダです。

【5G CONNECTの概要】

回線WiMAX 2+、au 4G LTE、WiMAX5G
対応エリア一部地域を除く全国
通信速度ダウンロード最大通信速度:3.9Gbps
アップロード最大通信速度:183Mbps
データ容量無制限※プラスエリアモードは15GBまでの制限あり
実質月額料金5,185円
事務手数料3,300円
端末代金0円
月額料金1~14ヶ月目:4,727円、
15~23ヶ月目:4,298円、
24ヶ月目~:4,950円
セット割なし
契約期間最低利用期間:2年
解約違約金:~15ヶ月:4,727円
      16~24ヶ月:4,298円
ただし、2年以内に解約すると端末代金の残債支払いが発生する
キャンペーン内容・月額料金割引
・端末代金0円
・30日間お試しモニターキャンペーン
※価格はすべて税込み

5G CONNECTは料金体系がシンプルでわかりやすく、しかも2年以上継続利用すれば端末代金が0円です。

30日間お試し利用もできるので、通信速度や使い勝手などを確認してから契約できるのも大きなメリットです。

「端末代金を支払いたくない」「2年以上継続して使うつもりがある」「通信速度や使い勝手を試してから使いたい」という方におすすめのWiMAXプロバイダです。

5G CONNECTのポケット型WiFiのおすすめポイント
  • 料金体系がシンプルで安い
  • 端末代0円で利用できる
  • 30日間お試しで利用できる

料金体系がシンプルで安い

5G CONNECTの料金体系はシンプルです。

最初の2年間は月額料金が割引され、24ヶ月目以降の月額料金は一律4,950円です。

割引やキャンペーンを利用するためのオプション追加なども不要で、とてもわかりやすい料金体系になっています。

そのため、「わかりにくい料金プランのプロバイダを選びたくない」「無駄なオプションをつけたくない」という方におすすめですよ。

端末代0円で利用できる

5G CONNECTは3年間継続利用すれば端末代金が0円なので、導入コストがかからないのが魅力的です。

ただし、2年以内に解約すると端末代金の残債支払いが発生するので、2年未満で解約する予定がある場合はおすすめしません。

長く使うつもりがある方や、端末代金を支払いたくない方におすすめといえるでしょう。

30日間お試しで利用できる

5G CONNECTでは30日間お試しモニターキャンペーンを実施中です。

お試しキャンペーンを利用すると、事務手数料3,300円と月額料金が返却されます。

ただし端末返却処理手数料の1,100円と端末返送時の郵送代金はかかるので、ご注意ください。

このキャンペーンを利用すれば、30日間で通信速度や使い勝手を確認してから契約できますよ。

30日以内に解約する場合は、注文から30日以内にカスタマーセンターに以下の内容を連絡してください。

  • 契約者氏名
  • ご契約番号
  • モニター利用であること
  • 解約する理由

そして、返信メールの内容に従って、注文から30日以内に端末を返却しましょう。

解約申請や機器の返却を期限までに行えなかった場合、月額料金がかかってしまいます。

また解約する場合には、さらに解約違約金や端末代金の残債支払いが発生するので、ご注意ください。

3位:BIGLOBE WiMAX・・・口座振替で支払いできる格安のWiMAXプロバイダ

BIGLOBE WiMAX

参照:BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXは、口座振替か利用できるWiMAXプロバイダの中で、実質月額料金が最安です。

【BIGLOBE WiMAXの概要】

回線WiMAX +5G回線
(au 5G・au 4G LTE・WiMAX2+回線)
エリア一部地域を除く全国
通信速度ダウンロード最大通信速度:3.9Gbps
アップロード最大通信速度:183Mbps
データ容量無制限
※プラスエリアモードは15GBまでの制限あり
実質月額料金4,883円
事務手数料3,300円
端末代金27,720円
クレジットカード払い:一括または24回の分割払い
口座振替:一括払いのみ
月額料金初月:無料
次月~24ヶ月目:3,267円
25ヶ月目以降:4,928円
※口座振替利用時は220円の手数料が加算
セット割■auスマートバリュー
auのスマホとセットで1台あたり最大1,100円割引

■自宅セット割
UQモバイルのスマホとセットで1台あたり最大1,100円割引
契約期間最低利用期間:なし
解約違約金:なし
キャンペーン・初月無料

BIGLOBE WiMAXには、GMOとくとくBB WiMAXのようなキャッシュバックキャンペーンはありません。

しかし、月額料金が安めに設定されており、口座振替が利用できるWiMAXプロバイダの中で最安の実質月額料金で利用できます。

また、契約期間・解約違約金といった縛りも一切ありません。

猫ちゃん

ただし、口座振替利用時は端末代が一括払い、かつ毎月手数料が220円追加されますので、ご注意ください。

ミカタロウ

『口座振替』と『安いポケット型WiFi』の2点を重視している方におすすめのWiMAXプロバイダです。

WiFiレンタルどっとこむていうところ、月を跨いでも日数で計算してくれるし安いのでよく利用しています。空港で受取返却できますし。

— ふみ🇨🇭 (@23nkmr) June 18, 2022

『口座振替』と『安いポケット型WiFi』の2点を重視している方におすすめのWiMAXプロバイダです。

口座振替が利用できるWiMAXプロバイダは、数社しかありません。

BIGLOBE WiMAXはその中でも、実質月額料金が最安です。

BIGLOBE WiMAXならば、WiMAXならではの安定した高速通信が3,267円〜で利用できます。

以下の表で、口座振替で支払う場合の実質月額料金を比較してみましょう。

【口座振替ができる主な他社WiMAXプロバイダとの実質月額料金比較】

スクロールできます
BIGLOBE WiMAXUQ WiMAXBroad WiMAX
2年間の実質月額料金4,883円5,123円5,101円
※価格はすべて税込み

口座振替で支払う場合に最安の窓口はBIGLOBE WiMAXであることがわかります。

BIGLOBE WiMAXのポケット型WiFiのおすすめポイント
  • 口座振替が利用できるWiMAXプロバイダの中で実質月額料金が最安
  • 契約期間・解約違約金の縛りがない
  • 初月の月額料金が無料

BIGLOBE WiMAXの公式サイトはこちら>

BIGLOBE WiMAXのキャンペーンは24ヶ月目までずっとお得!

BIGLOBE WiMAXでは、初月無料・その後24ヶ月1,661円割引というキャンペーンを開催中です。

高額なキャッシュバックキャンペーンなどは実施していませんが、月額料金割引は申請が不要で自動的に受け取れるのがうれしいですね。

キャンペーンの申請を忘れそうという方には、自動的に受け取れる月額料金割引キャンペーンを実施しているプロバイダをおすすめします。

猫ちゃん

2年間もお得に利用できるのは嬉しいですね!

ミカタロウ

ただし、その後の月額料金は4,928円に上がるので、乗り換えも含めて必ず契約を見直しましょう。

BIGLOBE WiMAXの公式サイトはこちら>

4位:サービス内容が充実している「Broad WiMAX」

参照:Broad WiMAX

Broad WiMAXはキャンペーンやサービス内容がとても充実しているWiMAXプロバイダです。

【Broad WiMAXの概要】

回線WiMAX 2+、au 4G LTE、WiMAX5G
対応エリア一部地域を除く全国
通信速度ダウンロード最大通信速度:3.9Gbps
アップロード最大通信速度:183Mbps
データ容量無制限※プラスエリアモードは15GBまでの制限あり
実質月額料金5,101円
事務手数料3,300円
端末代金31,680円
月額料金0ヶ月目:1,397円
1~36ヶ月目:3,663円
37ヶ月目~:4,818円
セット割■auスマートバリューauのスマホとセットで1台あたり最大1,100円割引
■自宅セット割UQモバイルのスマホとセットで1台あたり最大1,100円割引
契約期間最低利用期間:2年
解約違約金:2年未満:4,818円
      2年以上:0円
ただし、3年以内に解約すると端末代金の残債支払いが発生する
キャンペーン内容・端末代金実質無料
・他社回線からの乗り換えで最大19,000円違約金負担
・3年間月額料金割引
※価格はすべて税込み

Broad WiMAXは月額料金割引や他社回線からの乗り換え時の違約金負担など、キャンペーンが豊富なWiMAXプロバイダです。

さまざまなキャンペーンやサービスを利用してお得に契約したい方におすすめですよ。

Broad WiMAXのポケット型WiFiのおすすめポイント
  • キャンペーンで初期費用が0円になる
  • 他社違約金を負担してくれる
  • 2台同時申し込みで5,000円キャッシュバック

キャンペーンで初期費用が0円になる

端末代金は21,780円ですが、キャンペーンで0円になります。

このキャンペーンを利用して端末代金を0円にするためには、以下の条件を満たす必要があります。

キャンペーン適用条件
  • 公式サイトからWeb申し込みを行う
  • クレジットカード払いを選択する
  • 安心サポートプラス、MyBroadサポートへ初回加入する

なお、安心サポートプラスとMyBroadサポートは後で解約できます。

オプションが必要ない場合は、後でオプションを外すのを忘れないようにしましょう。

他社違約金を負担してくれる

契約解除手数料還元の乗り換えキャンペーンで、最大19,000円まで他社回線解約時の違約金を負担してもらえます。

他社回線を解約してBroad WiMAXに乗り換える際に高額な違約金が発生する場合に、ぜひご利用ください。

このキャンペーンを利用して申し込むための条件は、以下のとおりです。

キャンペーン適用条件
  • 公式サイトからからWeb申し込みを行い、「お乗り換えキャンペーン」を希望する
  • クレジットカード払いを選択する
  • 安心サポートプラス、MyBroadサポートへ初回加入する
  • 契約開始月を含む4ヶ月目末日までに、解約書類を提出し、振込口座を指定する

手続きが完了すると、契約開始月の6ヶ月後の月末にキャッシュバックが振り込まれます。

なお、安心サポートプラスとMyBroadサポートは後で解約できます。

キャンペーン適用のためだけにオプションに加入する場合は、後でオプションを外すのを忘れないようにしましょう。

2台同時申し込みで5,000円キャッシュバック

Broad WiMAXを2台同時に申し込むと、5,000円キャッシュバックされます。

家族や友人と一緒に申し込む場合に、お得ですね。

ただし、2台とも同じ端末しか申し込めないので、ご注意ください。

このキャンペーンを申し込むためには、以下の条件を満たす必要があります。

キャンペーン適用条件
  • 公式サイトからWeb申し込みを行い、「2台目キャンペーン」を希望する
  • クレジットカード払いを選択する
  • 安心サポートプラス、MyBroadサポートへ初回加入する

なお、安心サポートプラスとMyBroadサポートは後で解約できます。

オプションが必要ない場合は、キャンペーンが適用された後に忘れずにオプションを外しましょう。

Broad WiMAXの公式サイトはこちら>

5位:サービス提供元のため安心して契約できる「UQ WiMAX」

UQ WiMAX
参照:UQ WiMAX

UQ WiMAXはサービス提供元なので、安心して契約できるでしょう。

【UQ WiMAXの概要】

回線WiMAX 2+、au 4G LTE、WiMAX5G
対応エリア一部地域を除く全国
通信速度ダウンロード最大通信速度:3.9Gbps
アップロード最大通信速度:183Mbps
データ容量無制限※プラスエリアモードは30GBまでの制限あり
実質月額料金5,123円
事務手数料3,300円
端末代金27,720円
月額料金0~24ヶ月目:4,268円
25ヶ月目以降:4,950円
セット割■auスマートバリューauのスマホとセットで1台あたり最大1,100円割引
■自宅セット割UQモバイルのスマホとセットで1台あたり最大1,100円割引
契約期間最低利用期間:2年
解約違約金:2年未満:4,818円
      2年以上:0円
ただし、3年以内に解約すると端末代金の残債支払いが発生する
キャンペーン・2年間月額料金割引
・17,820円キャッシュバック
※価格はすべて税込み

UQ WiMAXはサービス提供元なので、サービス内容やサポート対応について、安心して契約できるでしょう。

通信速度が向上するプラスエリアモードのデータ量上限が30GBなので、プラスエリアモードを使いたい人におすすめです。

さらにauスマートバリューか自宅セット割に加入していれば、プラスエリアモードの月額利用料金1,100円が無料で使えます。

またクレジットカード払いができない場合に口座振替にも対応している点もおすすめポイントです。

UQ WiMAXのポケット型WiFiのおすすめポイント
  • 13ヶ月間682円割引
  • 口座振替に対応している

13ヶ月間682円割引

UQ WiMAXのWiMAX+5G ギガ放題プラスSプランを申し込むと「WiMAX +5G割」が適用されて13ヶ月間682円の割引を受けられます。

最初の1年間は月額料金が安いので、お得に利用開始できます。

ただ他社の高額キャッシュバックキャンペーンや月額料金の割引率が高いプロバイダに比べると、お得とはいえません。

「もっと安く契約したい」「高額キャッシュバックを得たい」という場合は、他のプロバイダも検討してみると良いでしょう。

口座振替に対応している

UQ WiMAXは口座振替にも対応しています。

クレジットカード払いをしたくない場合も、支払い方法が選べるのでおすすめですよ。

ただし、口座振替で支払う際には、毎月220円の振込手数料がかかります。

そのため、クレジットカード払いの場合よりも料金が割高になるのでご注意ください。

ミカタロウ

クレジットカードを使える場合は、カード払いにしたほうがお得だよ。

口座振替で支払いたいが少しでも料金を抑えたいという場合は、BIGLOBE WiMAXの方がおすすめです。

BIGLOBE WiMAXは口座振替で支払うことがでるうえに、UQ WiMAXよりも実質月額料金が安くお得です。

BIGLOBE WiMAXについての詳細は、こちら『3位:BIGLOBE WiMAX・・・口座振替で支払いできる格安のWiMAXプロバイダ』でご説明しているのでご覧ください。

UQ WiMAXの公式サイトはこちら>

【クラウドWiFi】安いポケット型WiFiデータ容量別のおすすめ

クラウドSIMのポケット型WiFiは幅広いデータ容量に対応しており、自分に合ったサービスを利用すれば月額料金を抑えられます。

データ容量別のおすすめポケット型WiFiは、以下のとおりです。

【20GB・縛りあり】MONSTER MOBILE・・・小容量から選べる最安級のクラウドWiFi

参照:MONSTER-MOBILE

MONSTER MOBILEは、20GBの小容量から契約できる最安級のポケット型WiFiです。

【MONSTER MOBILEのポケット型WiFiの概要】

回線ソフトバンク・au・ドコモのトリプルキャリア回線
エリア一部地域を除く全国
通信速度ダウンロード最大通信速度:150Mbps
アップロード最大通信速度:50Mbps
データ容量20GB・50GB・100GB
※無制限の別プランあり
実質月額料金20GBで2,069円
事務手数料3,300円
端末代金レンタル無料
月額料金20GB:1,980円
50GB:2,530円
100GB:2,948円
セット割なし
契約期間最低利用期間:2年間
解約違約金:20GBなら1,980円
※縛りなしプランあり
キャンペーン・初月半額キャンペーン
・「SAISON CARD Digital」×「MONSTER MOBILE」タイアップキャンペーン
・14日間お試しキャンペーン
※価格はすべて税込み

MONSTER MOBILEのポケット型WiFiは、20GBの小容量から契約でき、端末も無料でレンタルできます。

月間20GB使える契約期間縛りがあるポケット型WiFiで実質料金が安い順に並べたのが、以下の表です。

【20GBの契約期間縛りがあるポケット型WiFiの実質月額料金比較】

スクロールできます
ポケット型WiFi名契約期間データ容量2年間の実質月額料金
MONSTER MOBILE2年20GB2,112円
THE WiFi2年20GB
利用時
2,200円
ゼウスWiFi2年30GB2,333円
Chat WiFi1年20GB2,390円
※価格はすべて税込み

この表を見てもわかるとおり、MONSTER MOBILEは実質料金が最安です。

そのため、20GBのポケット型WiFiを少しでも安く使いたいなら、MONSTER MOBILEは非常におすすめですよ。

契約後に50GB・100GBプランへの変更もできるため、途中でデータ容量が増えても心配ありません。

ただし、データ容量は一度上げると下げられないので、注意しましょう。

ミカタロウ

MONSTER MOBILEの20GBプランは、今回ご紹介する中で、実質月額料金が一番安いポケット型WiFiです。

猫ちゃん

それほどデータ容量を必要とせず、とにかく安い月額料金でポケット型WiFiを契約したい方におすすめですよ。20GBで1,980円という月額料金は、数あるポケット型WiFiの中でも最安級です。

ミカタロウ

口コミにある1年契約プランは、すでに廃止されているよ。

猫ちゃん

現在は2年契約プラン・縛りなしプランのみになっているので、ご注意ください!

MONSTER MOBILEのポケット型WiFiのおすすめポイント
  • 20GBの小容量を最安級の1,980円で契約できる
  • 端末のレンタルが無料
  • 途中でデータ容量をアップできる

MONSTER MOBILEは14日間のお試しキャンペーンを実施中

MONSTER MOBILEのポケット型WiFiは現在、14日間のお試しキャンペーンを実施中です。

初めて利用する方が14日以内に解約・端末の返却を行えば、事務手数料・月額利用料・解約手数料などがかかりません。

ただし、利用したデータ容量が2GB以下である必要があるため、解約の判断は早めに行いましょう。

MONSTER MOBILE(モンスターモバイル)の公式サイトはこちら>

【20GB・縛りナシ】Chat WiFi

ChatWifi

参照:Chat WiFi

契約期間の縛りなしで月間20GBまでのデータで十分なら、Chat WiFiが安くおすすめです。

【Chat WiFiのポケット型WiFiの概要】

回線ソフトバンク・au・ドコモのトリプルキャリア回線
エリア一部地域を除く全国
通信速度ダウンロード最大通信速度:150Mbps
アップロード最大通信速度:50Mbps
データ容量【ルータープラン】20GB・50GB・200GB
【SIMプラン】20GB・50GB・100GB
実質月額料金20GB・縛りなしで2,674円
事務手数料3,300円
端末代金レンタル無料
月額料金【縛りなし・ルータープラン】
20GB:2,600円
50GB:2,980円
200GB:4,928円
セット割なし
契約期間【縛りなし・ルーターププラン】
最低利用期間:なし
解約違約金:0円
キャンペーンなし
※価格はすべて税込み

契約期間の縛りがなくいつでも解約できるプランで、月間20GBまで使えるプランを選びたいなら、Chat WiFiが最安です。

20~30GBでいつでも解約できるポケット型WiFiをお探しの方に、ぴったりですよ。

【20~30GBの契約期間縛りがないポケット型WiFiの実質月額料金比較】

スクロールできます
ポケット型WiFi名データ容量2年間の実質月額料金
Chat WiFi20GB2,710円
クラウドWiFi20GB2,712円
MONSTER MOBILE20GB2,772円
それがだいじWi-Fi30GB2,854円
ゼウスWiFi30GB3,300円
縛りなしWiFi30GB3,314円
縛られないWiFi30GB3,322円
※価格はすべて税込み

契約期間の縛りがないので、いつ解約しても解約違約金がかからないのは安心ですね。

また、Chat WiFiは端末がレンタルなので月額料金が安くなっています。

ただし、解約時には端末や付属品を返却する必要があるため、忘れずに返却しましょう。

さらに安いSIMのみのプランもある

Chat WiFiには、さらに月額料金が安いSIMのみのプランもあります。

ルータープランはモバイルルーター(U2sかMacaroon SE)をレンタルできるプランで、SIMのみプランはSIMカードのみを利用できるプランです。

モバイルルーター端末を持っている場合は、SIMのみプランにすればさらに安く利用できますよ。

Chat WiFiの料金プランは以下のとおりです。

【Chat WiFiの料金プラン】

スクロールできます
ルータープランルータープランSIMのみプランSIMのみプラン
契約期間1年契約期間1年契約期間縛りなし契約期間1年契約期間縛りなし
20GB2,280円2,600円2,100円2,300円
50GB2,600円2,980円3,180円3,480円
100GB3,520円3,696円
200GB4,680円4,928円
※価格はすべて税込み

料金プラン表を見てもわかるとおり、SIMのみプランは月額料金が安くお得です。

モバイルルーター端末をお持ちの場合は、おすすめですよ。

ただし、SIMのみプランには200GBの大容量プランがないので、ご注意ください。

Chat WiFiの公式サイトはこちら>

【30GB・縛りあり】ゼウスWiFi

ゼウスWiFi

参照:ZEUSWiFi

月間データ量が30GBで契約期間縛りありでも良い場合には、ゼウスWiFiが最安でおすすめです。

【ゼウスWiFiのポケット型WiFiの概要】

回線ソフトバンク・au・ドコモのトリプルキャリア回線
エリア一部地域を除く全国
通信速度ダウンロード最大通信速度:150Mbps
アップロード最大通信速度:50Mbps
データ容量30GB・50GB・100GB
実質月額料金30GB・縛りありで2,390円
事務手数料3,300円
端末代金レンタル無料
月額料金【30GB:縛りありプラン】
1~3ヶ月目:980円
4~24ヶ月目:2,361円
25ヶ月目~:2,508円
セット割なし
契約期間【縛りありプラン】
最低利用期間:2年
解約違約金:2年未満2,361円
※縛りなしプランあり
キャンペーン・神コスパキャンペーンで最大24ヶ月月額料金割引
※価格はすべて税込み

30GBの契約期間縛りありのポケット型WiFiの実質月額料金比較表を見てもわかるとおり、ゼウスWiFiが最安です。

月間データ量が30GBまでで少しでも安く使いたいなら、ゼウスWiFiを選ぶと良いでしょう。

【30GBの契約期間縛りがあるポケット型WiFiの実質月額料金比較】

スクロールできます
ポケット型WiFi名契約期間データ容量2年間の実質月額料金
ゼウスWiFi2年30GB2,333円
それがだいじWi-Fi2年30GB2,717円
縛られないWiFi1年30GB2,982円
※価格はすべて税込み

ここでは、ゼウスWiFiのおすすめポイントについてご説明しましょう。

容量が足りなくなったら「おかわり」できる

30GBのデータ容量だとデータ量が足らなくなる場合もあるでしょう。

そのようなときには「おかわりGIGA」を利用してデータ量のおかわりができます。

おかわりGIGAでデータチャージすると通常のプランよりコストが割高ですが、どうしてもデータ量が足りなくなってしまった場合に使いましょう。

おかわりGIGAの料金は以下のとおりです。

【おかわりGIGAの料金】

スクロールできます
+2GB+5GB+10GB
料金550円1,100円1,980円
※価格はすべて税込み

なお、チャージすると割高なので毎月おかわりGIGAでデータチャージが必要になる場合には、データ量が多いプランに変更することをおすすめします。

端末を0円でレンタルできる

ゼウスWiFiで利用する端末は、0円でレンタルできます。

端末代金がかからないので料金を抑えられます。

レンタルできる端末の機種は「H01」です。

最大下り速度は150Mbps、最大上り速度は50MbpsとクラウドSIM系のポケット型WiFi端末としては一般的なスペックです。

なお、レンタル品なので解約時には付属品とともに返却が必要なのでご注意ください。

海外106ヶ国でそのまま使える

ゼウスWiFiのポケット型WiFiは、海外106ヶ国でそのまま使えます。

海外用のポケット型WiFiをその都度レンタルする必要がなく、SIMカードの差し替えも不要です。

海外にゼウスWiFiのポケット型WiFiを持って行って電源を入れるだけで、そのまま利用可能です。

ゼウスWiFiを海外で利用するためには、以下のような手続きを行って海外データプランを購入し、使用してください。

  1. ゼウスWiFiのマイページにアクセスする
  2. 「海外データプランを新たに購入する」を選んで購入する
  3. 現地で端末の電源を入れる

料金は、たとえば韓国だと1日プラン300MBで330円、7日プラン1GBプランで680円。

アメリカだと1日プラン300MBで540円、7日プラン1GBプランで1,210円です。

海外用のレンタルポケット型WiFiを利用するよりも、料金を抑えられますので、仕事や旅行で海外に良く訪れる方に、ゼウスWiFiはとてもおすすめといえるでしょう。

ZEUSWiFiの公式サイトはこちら>

【30GB・縛りナシ】それがだいじWi-Fi

それがだいじWiFi
参照:それがだいじWi-Fi

月間データ容量が30GBで契約期間縛りがないポケット型WiFiを使いたい方には、それがだいじWi-Fiがおすすめです。

【それがだいじWi-Fiのポケット型WiFiの概要】

回線ソフトバンク・au・ドコモのトリプルキャリア回線
エリア一部地域を除く全国
通信速度ダウンロード最大通信速度:150Mbps
アップロード最大通信速度:50Mbps
データ容量30GB・100GB
実質月額料金30GB・縛りなしで2,767円
事務手数料3,300円
端末代金レンタル無料
月額料金【30GB:縛りなしプラン】
1~23ヶ月目:2,728円
24ヶ月目~:2,585円
セット割なし
契約期間【縛りなしオプション】
最低利用期間:なし
解約違約金:0円
キャンペーン・30日間お試しキャンペーン
※価格はすべて税込み

月間データ容量が30GBで契約期間縛りがないポケット型WiFiの中で最安なのは、それがだいじWiFiです。

月間データが30GBでいつでも解約できるポケット型WiFiをお探しなら、それがだいじWi-Fiがおすすめですよ。

【30GBの契約期間縛りがないポケット型WiFiの実質月額料金比較】

スクロールできます
ポケット型WiFi名データ容量2年間の実質月額料金
それがだいじWi-Fi30GB2,854円
ゼウスWiFi30GB3,300円
縛りなしWiFi30GB3,314円
縛られないWiFi30GB3,322円
※価格はすべて税込み

ここでは、それがだいじWi-Fiのおすすめポイントについて解説しましょう。

30日間お試しで利用できる

それがだいじWi-Fiでは30日間お試し利用で通信速度や使い勝手を試してから契約できます。

30日以内に解約・端末の返却を行えば、事務手数料・月額利用料・解約手数料などがかかりません。

試しに使ってみてから契約できるのは安心ですね。

30日以内に解約する場合には、それがだいじWi-Fiの問い合わせフォームかカスタマーセンターに解約する旨を連絡してください。

また、端末一式と外箱、説明書、ケーブルなどの付属品を返却する必要があります。

ミカタロウ

レンタル品は端末だけじゃないから要注意!

紛失や汚損、破損などがある場合は、端末損害金として最大27,500円かかるのでご注意ください。

容量が足りなくなったらデータチャージできる

月間データ量が30GBだとデータが足りなくなる場合もあると思いますが、それがだいじWi-Fiならデータチャージが可能です。

データチャージの料金は以下のとおりです。

【データチャージの料金】

スクロールできます
+2GB+5GB+10GB+20GB
料金550円1,100円1,870円2,640円
※価格はすべて税込み

データチャージはデータ量が多いほど1GBあたりの料金が安くお得です。

しかし通常のデータプランよりは割高であるため、毎月何度もデータをチャージする場合データ量が多いプランに変えた方が良いでしょう。

それがだいじWi-Fiの公式サイトはこちら>

【40GB】THE WiFi

THE-WiFi
参照:THE-WiFi

THE WiFiは、1〜100GBまでの変動プランがあるポケット型WiFiです。

THE WiFiのポケット型WiFiの概要】

回線ソフトバンク・au・ドコモのトリプルキャリア回線
エリア一部地域を除く全国
通信速度ダウンロード最大通信速度:150Mbps
アップロード最大通信速度:50Mbps
データ容量1GB・5GB・20GB・40GB・100GB
実質月額料金40GBで2,728円
事務手数料3,300円
端末代金レンタル無料
月額料金【THE WiFi FiTプラン】
~1GB:1,298円
~5GB:1,628円
~20GB:2,068円
~40GB:2,596円
~100GB:3,960円
セット割なし
契約期間2年
(2022年6月30日正午以降に契約していれば適用外)
キャンペーン・30日間お試し

変動制の料金プラン「THE WiFi FiT」を契約すれば、1〜100GBまで利用したデータ容量に合わせて、自動で月額料金が調整されます。

データ容量が足りなくなることも、余分なデータ容量に月額料金を払い続けることもありません。

さらに、端末が無料でレンタルできるうえ、契約期間・解約違約金がないため、いつでも気軽に解約できます。

変動プランで使用しなかった月は料金が安くなる

THE WiFiでは使ったデータ量に合わせて月額料金が変動するFitプランを選べます。

Fitプランと100GBプランの料金表は以下のとおりです。

【THE WiFiの料金プラン】

プラン名 データ容量 月額料金
THE WiFi 100GB 100GB 3,828円
THE WiFi Fit 1GB 1,298円
5GB 1,628円
20GB 2,068円
40GB 2,596円
100GB 3,960円
※価格はすべて税込み

ポケット型WiFiでこのように使ったデータ量に応じて料金が変動するプランを用意しているクラウドWiFiは多くありません。

月によって使うデータ量が大きく変わる方にぴったりですよ。

30日間のお試し期間がある

THE WiFiでは30日間お試し体験を利用して、通信速度や使い勝手を試してから契約を決められます。

30日以内に解約・端末の返却を行えば、事務手数料・月額利用料・解約手数料などがかかりません。

使ってみて通信速度が遅い、使い勝手が悪いなどと感じたら、申込日から30日以内にサポートセンターに電話して解約する旨を伝えてください。

なお、体験期間中に使えるデータ量は30GB未満なので注意しましょう。

ミカタロウ

THE WiFiの変動プラン以外に、40GBで利用できるポケット型WiFiはほとんどありません。

猫ちゃん

40GBのポケット型WiFiを安い月額料金で契約したい方、データ容量に波がある方におすすめです!

WiFiレンタルどっとこむていうところ、月を跨いでも日数で計算してくれるし安いのでよく利用しています。空港で受取返却できますし。

— ふみ🇨🇭 (@23nkmr) June 18, 2022

THE WiFiの変動プランならば、1GB1,298円〜持ち運べるポケット型WiFiが契約できます。

高画質動画も問題なく視聴できる、十分な通信速度が出ています。

THE WiFiのポケット型WiFiのおすすめポイント
  • 変動制の料金プランで無駄がない
  • 端末がレンタル無料
  • 契約期間・解約違約金がない

THE WiFiについて詳しく知りたい方は、【THE WiFiの評判・口コミ】をご確認ください。

THE WiFiの公式サイトはこちら>

【50GB・縛りあり】MONSTER MOBILE

MONSTER MOBILE
参照:MONSTER MOBILE

月間データ量が50GBで契約期間の縛りがあっても良い場合は、MONSTER MOBILEがおすすめです。

【MONSTER MOBILEのポケット型WiFiの概要】

回線ソフトバンク・au・ドコモのトリプルキャリア回線
エリア一部地域を除く全国
通信速度ダウンロード最大通信速度:150Mbps
アップロード最大通信速度:50Mbps
データ容量20GB・50GB・100GB
※無制限の別プランあり
実質月額料金50GBで2,619円
事務手数料3,300円
端末代金レンタル無料
月額料金20GB:1,980円
50GB:2,530円
100GB:2,948円
セット割なし
契約期間最低利用期間:2年間
解約違約金:50GBなら2,530円
※縛りなしプランあり
キャンペーン・「SAISON CARD Digital」×「MONSTER MOBILE」タイアップキャンペーン
・14日間お試しキャンペーン
※価格はすべて税込み

以下の比較表を見ると、MONSTER MOBILEが最安であることがわかります。

月間50GBまで使えるポケット型WiFiを少しでも安く契約したい方におすすめです。

【50GBの契約期間縛りがあるポケット型WiFiの実質月額料金比較】

スクロールできます
ポケット型WiFi名契約期間データ容量2年間の実質月額料金
MONSTER MOBILE2年50GB2,662円
Chat WiFi1年50GB2,710円
ゼウスWiFi2年50GB3,050円
クイックWiFi2年50GB3,080円
Ex Wi-Fi2年50GB3,080円
縛られないWiFi1年50GB3,532円
※価格はすべて税込み

また、14日間お試しキャンペーンも実施しているので、通信速度や使い勝手を実際に使ってみてから契約を決めても良いでしょう。

MONSTER MOBILEの公式サイトはこちら>

【50GB・縛りナシ】Chat WiFi

ChatWIFI
参照:Chat WiFi

Chat WiFiは、全プラン・全データ容量に縛りなしプランのあるポケット型WiFiです。

【Chat WiFiのポケット型WiFiの概要】

回線ソフトバンク・au・ドコモのLTE回線
一部楽天モバイルの回線
エリア一部地域を除く全国
通信速度ダウンロード最大通信速度:150Mbps
アップロード最大通信速度:50Mbps
データ容量【ルータープラン】
20GB・50GB・200GB

【SIMプラン】
20GB・50GB・100GB
実質月額料金ルータープラン・縛りなしプランの実質月額料金20GB:2,674円
50GB:3,054円
200GB:5,002円
事務手数料3,300円
端末代金レンタル無料
月額料金【縛りなしプランの月額料金】
■ルータープラン
20GB:2,600円
~50GB:2,980円
~200GB:4,928円~

■SIMプラン
20GB:2,300円
~50GB:3,480円
~100GB:3,696円~
セット割なし
契約期間なし
※1年契約プランあり
キャンペーンなし

端末付きのルータープランとSIMのみのSIMプランの2種類があり、さらに20〜200GBと幅広いデータ容量に対応しています。

全プランに縛りなしプランがあり、それを選べば解約違約金がかかりません。

月間50GB使える契約期間縛りがないポケット型WiFiの実質料金を比較した表を見ると、Chat WiFiが最安であることがわかります。

【50GB~の契約期間縛りがないポケット型WiFiの実質月額料金比較】

スクロールできます
ポケット型WiFi名データ容量2年間の実質月額料金
Chat WiFi50GB3,090円
クラウドWiFi50GB3,112円
MONSTER MOBILE50GB3,322円
縛られないWiFi50GB3,872円
ゼウスWiFi50GB3,960円
縛りなしWiFi60GB4,110円
縛りなしWiFi90GB4,810円
※価格はすべて税込み

月間50GBのデータが使えていつでも解約できるポケット型WiFiを使いたい方に、おすすめですよ。

ミカタロウ

縛りのないポケット型WiFiを、幅広いプランから選びたい方におすすめです!simフリー端末をお持ちなら、SIMプランで月額料金を節約するのもいいですね。

Chat WiFiのポケット型WiFiは、200GBの大容量プランにも対応しており、縛りなしプランなら解約違約金もありません。

Chat WiFiのポケット型WiFiのおすすめポイント
  • 20GB〜幅広いデータ容量が選べる
  • 全プラン・全データ容量に縛りなしプランがある
  • SIMプランがある

事務手数料1,100円割引キャンペーン実施中

Chat WiFiのポケット型WiFiは、現在「新春キャンペーン」を開催中です。

キャンペーン期間中に申し込めば、自動で事務手数料が1,100円割引されます。

Chat Wifiの公式サイトはこちら>

【100GB】MONSTER MOBILE

MONSTER MOBILE
参照:MONSTER-MOBILE

MONSTER MOBILEは、20GB~無制限までデータ容量が選べる、最安級のポケット型WiFiです。

【MONSTER MOBILEのポケット型WiFiの概要】

回線ソフトバンク・au・ドコモのトリプルキャリア回線
エリア一部地域を除く全国
通信速度ダウンロード最大通信速度:150Mbps
アップロード最大通信速度:50Mbps
データ容量20GB・50GB・100GB
※無制限の別プランあり
実質月額料金100GBで3,037円
事務手数料3,300円
端末代金レンタル無料
月額料金100GB:2,948円
セット割なし
契約期間最低利用期間:2年間
解約違約金:100GBなら2,948円
※縛りなしプランあり
キャンペーン・初月半額キャンペーン
・「SAISON CARD Digital」×「MONSTER MOBILE」タイアップキャンペーン
・14日間お試しキャンペーン

MONSTER MOBILEのポケット型WiFiは、端末のレンタルが無料、かつ100GBプランでも最安級の2,948円で利用できます。

100GB以上のデータ量で契約期間の縛りがあるポケット型WiFiの実質料金を比較した以下の表を見ると、MONSTER MOBILEが最安だとわかります。

100GBのデータを使えるポケット型WiFiを、少しでも安く契約したい方におすすめですよ。

【100GB~の契約期間縛りありのポケット型WiFiの実質月額料金比較】

スクロールできます
ポケット型WiFi名契約期間データ容量2年間の実質月額料金
MONSTER MOBILE2年100GB3,080円
どこよりもWiFi2年100GB3,090円
ゼウスWiFi2年100GB3,221円
CHARGESPOT Wi-Fi2年100GB3,279円
Kurashi-mo Wi-Fi2年100GB3,288円
hi-ho Let’s Wi-Fi2年120GB3,300円
それがだいじWi-Fi2年100GB3,399円
MINION Wi-Fi2年120GB3,278円
AiR-WiFi1年100GB3,410円
Mugen WiFi2年100GB3,450円
THE WiFi2年100GB3,501円
クイックWiFi2年100GB3,530円
※価格はすべて税込み
ミカタロウ

『大容量のポケット型WiFiをできるだけ安い月額料金で契約したい』と考えている方におすすめです。

WiFiレンタルどっとこむていうところ、月を跨いでも日数で計算してくれるし安いのでよく利用しています。空港で受取返却できますし。

— ふみ🇨🇭 (@23nkmr) June 18, 2022

MONSTER MOBILEのポケット型WiFiには、2年契約プランのほかに、縛りなしプランがあります。

また、100GBの2年契約プランを契約しても、解約違約金は2,928円しかかかりません。

ミカタロウ

注意してほしいのは、口コミにある1年契約プランはもう廃止されていることだね。

ミカタロウ

現在は2年契約プラン・縛りなしプランのみになっているので、間違えないように注意してくださいね。

MONSTER MOBILEのポケット型WiFiのおすすめポイント
  • 100GBの大容量を最安級の2,948円で契約できる
  • 端末がレンタル無料
  • 初月は半額

MONSTER MOBILEについて詳しく知りたい方は、【MONSTER MOBILEの評判・口コミ】をご確認ください。

MONSTER MOBILE(モンスターモバイル)の公式サイトはこちら>

14日間お試しキャンペーンがあるので気軽に申し込み可能

MONSTER MOBILEのポケット型WiFiは、現在14日のお試しキャンペーンを実施中です。

14日以内に解約・端末の返却を行えば、事務手数料・月額利用料・解約手数料などが一切かかりません。

猫ちゃん

電波が不安な方も気軽に契約できますね!

ミカタロウ

ただし、キャンペーンは初めて利用する方、利用したデータ容量が2GB以下の方のみに適用されるので、解約するかどうかは早めに判断しましょう。

MONSTER MOBILE(モンスターモバイル)の公式サイトはこちら>

【100GB・縛りナシ】それがだいじWi-Fi

それがだいじWiFi
参照:それがだいじWi-Fi

月間データ量が100GBでいつでも解約できる契約期間の縛りがないポケット型WiFiを使いたいなら、それがだいじWi-Fiがおすすめです。

【それがだいじWi-Fiのポケット型WiFiの概要】

回線ソフトバンク・au・ドコモのトリプルキャリア回線
エリア一部地域を除く全国
通信速度ダウンロード最大通信速度:150Mbps
アップロード最大通信速度:50Mbps
データ容量30GB・100GB
実質月額料金100GB・縛りなしで3,449円
事務手数料3,300円
端末代金レンタル無料
月額料金【100GB:縛りなしプラン】
1~23ヶ月目:3,410円
24ヶ月目~:3,267円
セット割なし
契約期間【縛りなしオプション】
最低利用期間:なし
解約違約金:0円
キャンペーン・30日間お試しキャンペーン
※価格はすべて税込み

月間100GBのデータが使えて契約期間縛りがないポケット型WiFiの実質料金比較表を見ると、それがだいじWi-Fiが最安です。

月間100GBの大容量データを使えて、いつでも解約できるポケット型WiFiをお探しの方に最適ですよ。

【100GB~の契約期間縛りがないポケット型WiFiの実質月額料金比較】

スクロールできます
ポケット型WiFi名データ容量2年間の実質月額料金
それがだいじWi-Fi100GB3,536円
AiR-WiFi100GB3,740円
クラウドWiFi100GB3,850円
E-! WiFi100GB4,070円
MONSTER MOBILE100GB4,070円
Mugen WiFi100GB4,110円
MINION Wi-Fi120GB4,280円
ゼウスWiFi100GB4,840円
Chat WiFi200GB5,038円
DoRACOON150GB5,183円
※価格はすべて税込み

それがだいじWi-Fiには以下のようなメリットもあります。

30日間お試し利用で安心

それがだいじWi-Fiでは30日間お試し利用キャンペーンで通信速度や使い勝手を試してから契約できるので、安心です。

30日以内に解約・端末の返却を行えば、事務手数料・月額利用料・解約手数料などがかかりません。

30日以内に解約する場合には、問い合わせフォームかカスタマーセンターから解約する旨を連絡してください。

端末一式と外箱、説明書、ケーブルなどの付属品を返却する必要があるので、忘れないように返却しましょう。

端末や付属品に紛失や汚損、破損などがある場合は、端末損害金として最大27,500円かかるのでご注意ください。

容量が足りなくなったらデータチャージ可能

月間データ量が足りなくなったら、データチャージできますので安心です。

データチャージの料金は以下のとおりです。

【データチャージの料金】

スクロールできます
+2GB+5GB+10GB+20GB
料金550円1,100円1,870円2,640円
※価格はすべて税込み

データチャージはデータ量が多いほど1GBあたりの料金が安いですが、通常のデータプランよりは割高です。

そのため、なるべくデータ容量の上限を超えないようにしましょう。

ミカタロウ

短期間のみポケット型WiFiを利用したい方、縛りのないポケット型WiFiを利用したい方におすすめです!

WiFiレンタルどっとこむていうところ、月を跨いでも日数で計算してくれるし安いのでよく利用しています。空港で受取返却できますし。

— ふみ🇨🇭 (@23nkmr) June 18, 2022

高画質動画も問題なく視聴できる、十分な通信速度が出ています。

ただし、Ping値(応答通信速度)は遅めのため、オンラインゲームのプレイは厳しいでしょう。

それがだいじWi-Fiのポケット型WiFiのおすすめポイント
  • 縛りなしオプションの利用で最低利用期間・解約違約金なし
  • 端末がレンタル無料

それがだいじWi-Fiについて詳しく知りたい方は、【それがだいじWi-Fiの評判・口コミ】をご確認ください。

それがだいじWiFiの公式サイトはこちら>

【120GB】hi-ho Let’s Wi-Fi

hi-ho Let's Wi-Fi
参照:hi-ho Let’s Wi-Fi

hi-ho Let’s Wi-Fiは、最大1日4GB・30日120GBが利用できる、中容量プランのあるポケット型WiFiです。

【hi-ho Let’s Wi-Fiのポケット型WiFiの概要】

回線ソフトバンク・au・ドコモのトリプルキャリア回線
エリア一部地域を除く全国
通信速度ダウンロード最大通信速度:150Mbps
アップロード最大通信速度:50Mbps
データ容量・ライトプラン:1日4GB、30日120GB
・通常プラン:1日7GB、30日210GB
実質月額料金・ライトプラン:3,471円
・通常プラン:4,259円
事務手数料3,300円(「もっと!鬼コスパキャンペーン」適用で無料)
端末代金13,200円(550円×24回)※月々割で実質無料
月額料金【ライトプラン】
1~24ヶ月目:3,278円
25ヶ月目以降:3,828円
【通常プラン】
1~11ヶ月目:3,278円
12ヶ月目~:4,730円
セット割なし
契約期間2年(自動更新)
【解約手数料】
ライトプラン:3,480円+2年未満に解約すると端末代残債
通常プラン:4,300円+2年未満に解約すると端末代残債
キャンペーンもっと!鬼コスパキャンペーンで月額料金割引、事務手数料0円
※価格はすべて税込み

月間データ容量が100GBのポケット型WiFiは多いですが、120GB使えるところはあまりありません。

hi-ho Let’s Wi-Fiは、100GBでは足らないという方におすすめです。

しかも、月額料金が割引されるキャンペーンを利用できるので、安く契約できますよ。

ここでは、hi-ho Let’s Wi-Fiのおすすめポイントについてご紹介しましょう。

鬼コスパキャンペーンでお得に契約できる

hi-ho Let’s Wi-Fiのポケット型WiFiは、現在「もっと!鬼コスパキャンペーン」を実施しています。

「もっと!鬼コスパキャンペーン」の特典内容
  • 事務手数料の3,300円が無料
  • ライトプラン24ヶ月間・通常プラン12ヶ月間、月額料金が3,278円

「もっと!鬼コスパキャンペーン」は先着1,000台までの適用なので、お早めにお申し込みください!

海外100ヶ国以上でそのまま使える

hi-ho Let’s Wi-Fiのポケット型WiFiは海外100ヶ国以上で使えます。

月額料金とは別に料金がかかりますが、申し込みや設定変更などが不要なので海外に仕事や旅行などでよく訪れる方にぴったりです。

地域ごとの1日あたりの料金は以下の表のとおりです。

【hi-ho Let’s Wi-Fiの海外利用料金】

スクロールできます
エリア分類対象のエリア1日分の料金
エリア①東南アジア970円
エリア②ヨーロッパ、アジア、アフリカ、中央・南アメリカ・北アメリカ・オセアニア1,670円

なお、モバイル端末に電源を入れない日には料金がかかりません。

使用しない日は、電源をOFFにしておきましょう。

hi-ho Let’s WiFiの公式サイトはこちら>

【200GB】hi-ho Let’s Wi-Fi

hi-ho Let's Wi-Fi
参照:hi-ho Let’s Wi-Fi

hi-ho Let’s Wi-Fiは、最大1日4GB・30日120GBが利用できる、中容量プランのあるポケット型WiFiです。

【hi-ho Let’s Wi-Fiのポケット型WiFiの概要】

回線ソフトバンク・au・ドコモのトリプルキャリア回線
エリア一部地域を除く全国
通信速度ダウンロード最大通信速度:150Mbps
アップロード最大通信速度:50Mbps
データ容量・ライトプラン:1日4GB、30日120GB
・通常プラン:1日7GB、30日210GB
実質月額料金・ライトプラン:3,471円
・通常プラン:4,259円
事務手数料3,300円(「もっと!鬼コスパキャンペーン」適用で無料)
端末代金13,200円(550円×24回)
※月々割で実質無料
月額料金【ライトプラン】
1~24ヶ月目:3,278円
25ヶ月目以降:3,828円

【通常プラン】
1~11ヶ月目:3,278円
12ヶ月目~:4,730円
セット割なし
契約期間2年(自動更新)

【解約手数料】
ライトプラン:3,480円+2年未満に解約すると端末代残債
通常プラン:4,300円+2年未満に解約すると端末代残債
キャンペーンもっと!鬼コスパキャンペーンで月額料金割引、事務手数料0円
※価格はすべて税込み

30日210GBで4,259円という実質月額料金は、200GB以上利用できるクラウドSIMのポケット型WiFiにおいて最安級です。

さらに、「もっと!鬼コスパキャンペーン」を利用すれば、20,000円以上の特典が受け取れます。

ミカタロウ

200GB超えの大容量を契約したい方におすすめです!

ただし、端末代が24回分割・2年間自動更新契約・解約違約金ありと、ほかのポケット型WiFiと比較して縛りがきつめです。

契約は最低2年以上を前提に、慎重に検討しましょう。

hi-ho Let’s Wi-Fiの月額料金は、ほかのポケット型WiFiと比較して一見高めに見えます。

しかし、30日210GBで4,259円という実質月額料金は、200GB以上のポケット型WiFiにおいて最安級です。

hi-ho Let’s Wi-Fiのポケット型WiFiのおすすめポイント
  • 30日210GBの大容量プランが利用できる
  • 「もっと!鬼コスパキャンペーン」でお得に契約できる

hi-ho Let’s WiFiの公式サイトはこちら>

鬼コスパキャンペーンで20,000円以上お得に!

hi-ho Let’s Wi-Fiのポケット型WiFiは、現在「もっと!鬼コスパキャンペーン」を開催中です。

「もっと!鬼コスパキャンペーン」の特典内容
  • 事務手数料の3,300円が無料
  • ライトプラン24ヶ月間・通常プラン12ヶ月間、月額料金が3,278円

「もっと!鬼コスパキャンペーン」は先着1,000台までの適用なので、ぜひこれを機会に契約を検討してみましょう。

海外でもそのまま使える!

hi-ho Let’s Wi-Fiのポケット型WiFiは海外100ヶ国以上で、申し込みや設定変更など不要でそのまま使えます。

そのため仕事や旅行などでよく海外に訪れる方に、とてもおすすめですよ。

海外で利用した日数分だけ別料金がかかりますが、海外用のポケット型WiFiをレンタルするより料金を抑えられるでしょう。

地域ごとの1日にかかる料金は以下の表のとおりです。

【hi-ho Let’s Wi-Fiの海外利用料金】

スクロールできます
エリア分類対象のエリア1日分の料金
エリア①東南アジア970円
エリア②ヨーロッパ、アジア、アフリカ、中央・南アメリカ・北アメリカ・オセアニア1,670円

なお、モバイル端末に電源を入れない日には料金がかかりません。

hi-ho Let’s WiFiの公式サイトはこちら>

【楽天モバイル】楽天エリア内なら楽天モバイルのポケット型WiFiもおすすめ

楽天モバイル
参照:楽天モバイル

楽天モバイルのポケット型WiFiは、月額3,278円で無制限で利用できます。

【楽天モバイル ポケット型WiFiの概要】

回線・楽天回線(楽天4G LTE回線・楽天5G回線)
・パートナー回線(au回線)
エリア一部地域を除く全国
通信速度ダウンロード最大通信速度:867Mbps
データ容量無制限
実質月額料金3,278円
事務手数料無料
端末代金・Rakuten WiFi Pocket 2C:実質1円
・Aterm MP02LN:実質10,800円
・Aterm MR05LN RW:実質20,800円
月額料金3GBまで:1,078円
20GBまで:2,178円
無制限(楽天回線エリア外は最大1Mbpsで使い放題):3,278円
セット割なし
契約期間なし
キャンペーンRakuten WiFi Pocket 1円キャンペーン

楽天モバイルのポケット型WiFiは、3,278円の安さでデータ容量無制限で利用できます。

端末代もキャンペーンで1円から購入でき、さらに手数料もないため、実質月額料金も3,278円しかかかりません。

これは、今回ご紹介する無制限のポケット型WiFiの中で、最安の実質月額料金です。

楽天回線とパートナー回線(au)のどちらも無制限で利用できますよ。

ミカタロウ

プランの改定でパートナー回線も無制限になったよ!

楽天モバイルのプランは、3GB未満・3〜20GB・20GB以上という、使ったデータ容量に合わせて変動するプランです。

どれだけデータ容量を使っても3,278円しかかからず、20GB未満なら2,178円、3GB未満なら1,078円しかかかりません。

楽天モバイルはまだプラチナバンドが利用できず、ソフトバンク・au・ドコモに比べると、まだつながりが弱い部分もあります。

しかし、楽天回線エリアを着実に広げており、今後はつながりの強化が見込めます。

楽天回線エリアについては、楽天モバイルの公式ページで確認できますよ。

お住まいの地域や通勤エリアなどが楽天回線エリア内に入っている場合は、とてもおすすめです。

楽天モバイルのポケット型WiFiのおすすめポイント
  • 端末代が実質1円~
  • 3,278円でデータ容量無制限

楽天モバイルのポケット型WiFiについて詳しく知りたい方は、【楽天のポケット型WiFiの評判・口コミ】をご確認ください。

楽天モバイルの公式サイトはこちら>

【レンタル】1日単位の短期利用なら「WiFiレンタルどっとこむ」がおすすめ

WiFiレンタルどっとこむ
参照:WiFiレンタルどっとこむ

WiFiレンタルどっとこむは、ポケット型WiFiを一定期間レンタルできるサービスです。

【WiFiレンタルどっとこむのポケット型WiFiの概要】

回線ソフトバンク・au・ドコモ・WiMAX回線のいずれか
※レンタルするポケット型WiFiの種類によって異なる
エリア一部地域を除く全国
※レンタルするポケット型WiFiの種類によって異なる
通信速度ダウンロード最大通信速度:2.7Gbpsアップロード最大通信速度:183Mbps
※レンタルするポケット型WiFiの種類によって異なる
データ容量5GB・6GB・30GB・50GB・無制限
事務手数料受取手数料1台:550円2~4台:1,100円
返却手数料【空港返却】
1台:550円
2~4台:1,100円

【ポスト返却】
1台あたり:517円

【宅配返却】
実費負担
端末代金レンタル無料
料金1日:496円
~30泊31日:3,965円~
※法人用WiFiレンタルプランあり
セット割なし
契約期間なし
キャンペーンなし

WiFiレンタルどっとこむでは、1日496円から気軽にポケット型WiFiがレンタルできます。

端末やプランによっては、データ容量の制限もありません。

ただし、レンタル料金以外に受取手数料・返却手数料がかかりますので、ご注意ください。

ミカタロウ

旅行や出張など、『一時的に短期間ポケット型WiFiを使いたい』と考えている方におすすめです!

WiFiレンタルどっとこむのポケット型WiFiは、予定より長く利用したくなった場合も、自動でレンタルが延長できます。

WiFiレンタルどっとこむのポケット型WiFiは、月額料金制でなく利用日数に応じたレンタル料金制です。

ポストや宅配便のほか、空港からでも端末が返却できます。

WiFiレンタルどっとこむのポケット型WiFiのおすすめポイント
  • 1日~短期レンタルできる
  • 無制限のプランがある

WiFiレンタルどっとこむについて詳しく知りたい方は、【WiFiレンタルどっとこむの評判・口コミ】をご確認ください。

WiFiレンタルどっとこむの公式サトはこちら>

大手キャリア系のポケット型WiFiの料金は安くない

ポケット型WiFiの選択肢として大手キャリア系もありますが、あまりおすすめはできません。

なぜなら、大手キャリア系のポケット型WiFiは料金が高額であるためです。

大手キャリアが運営しているためサポート体制などはしっかりしていますが、その分月額料金が高く、キャッシュバックキャンペーンなどもほとんどありません。

そのため、安さを求めるなら大手キャリア系はおすすめしません。

ここでは、大手キャリア系のポケット型WiFiの料金プランについてご説明します。

ソフトバンクのポケット型WiFiのプラン

softbank
参照:ソフトバンク公式

ソフトバンクのポケット型WiFiプランは、基本プランだけ契約してソフトバンクスマホとデータをシェアするタイプと、ポケット型WiFiだけで契約するタイプの2種類があります。

料金プランは、以下のとおりです。

【ソフトバンクのポケット型WiFiプラン】

プラン名データ量月額料金
データ通信専用50GBプラン50GB5,280円
データ通信専用3GBプラン3GB990円
データシェアプランスマホのプランによる基本料:1,078円
※価格はすべて税込み

データ通信専用プランは、3GBと50GBから選べますので、使いたいデータ量に合ったプランを選びましょう。

スマホのデータをシェアするデータシェアプランは、ソフトバンクスマホを別に契約し、データをシェアして使います。

ソフトバンクスマホのデータ量無制限プランを使っている場合などに、使い勝手が良いでしょう。

ソフトバンクスマホの主なプランは以下のとおりです。

データシェアプランを選ぶ場合は、月額料金や使いたいデータ量に合わせて適したプランを決めましょう。

【ソフトバンクスマホの主なプラン】

スクロールできます
プラン名データ量月額料金
メリハリ無制限無制限7,238円
ミニフィットプラン+1GB3,278円
ミニフィットプラン+2GB4,378円
ミニフィットプラン+3GB5,478円
※価格はすべて税込み

モバイルルーター端末は別で購入する必要がありますが、端末をお持ちの場合はSIMのみの契約も可能です。

ドコモのポケット型WiFiのプラン

docomo-1
参照:ドコモ公式

ドコモのポケット型WiFiを使う際にはドコモスマホを契約し、2台目としてモバイル端末を契約する必要があります。

なお、「eximo」プラン1回線につき「5Gデータプラス」1回線の契約が必要です。

ドコモスマホの契約である「eximo」プランとは別に、タブレットやルーターで利用できる月額料金1,100円の「5Gデータプラス」プランを契約します。

ドコモスマホの「eximo」プランは、以下のとおり使ったデータ量に応じて料金が変わります。

【eximoの料金プラン】

スクロールできます
データ量月額料金
3GB~無制限7,315円
1~3GB5,665円
1GB4,565円
※価格はすべて税込み

なお、モバイルルーター端末は別で購入する必要があります。

どのポケット型WiFiが良いかわからない人にはコレ!

ここまでさまざまな種類のポケット型WiFiをご紹介しましたが、どのポケット型WiFiを選んだらよいかわからないと悩む人も多いでしょう。

安さや使い勝手を求める方や支払いを口座振替で行いたい方、使うデータ量などに応じて適したポケット型WiFiは違います。

ここでは、4種類のポケット型WiFiをご紹介しますので、自分に合った回線を選んでみてください。

料金の安さ&使い勝手を求めるなら「GMOとくとくBB WiMAX」

gmoとくとくBBWiMAX
参照:GMOとくとくBB WiMAX

とにかく安く契約したい、使い勝手の良いポケット型WiFiが良いという方には、GMOとくとくBB WiMAXがおすすめです。

高額キャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施しているので料金が安いうえに、WiMAXなので通信速度が速く使いやすいでしょう。

【GMOとくとくBB WiMAXの概要】

対応エリア日本全国
使用回線WiMAX 2+、au 4G LTE、WiMAX5G
スマホセット割auスマホが永年毎月最大1,100円割引
UQモバイルが永年毎月最大1,100円割引
契約期間2年
最大速度下り速度:3.9Gbps
上り速度:183Mbps
データ容量無制限
初期費用事務手数料:3,300円
端末代金27,720円または770円×36回払い
月額料金0ヶ月:1,089円
2~12ヶ月:3,784円
13ヶ月目~:4,334円
2年間の実質料金合計104,525円
2年間の実質月額料金4,181円
キャンペーン内容【GMOとくとくBB独自特典】
・キャッシュバック25,000円
・他社回線からの乗り換えの場合はキャッシュバック最大41,000円
・3年間月額料金割引
解約違約金0円ただし、3年以内に解約すると端末代金の残債支払いが発生
※価格はすべて税込み

GMOとくとくBB WiMAXはキャッシュバックが25,000円もらえるキャンペーンを実施しています。

さらに他社回線から乗り換える際に解約違約金がかかる場合は、キャッシュバック額が最大41,000円です。

月額料金の割引も受けられるので実質料金が安く、少しでもお得にWiMAXを契約したい方に非常におすすめといえるでしょう。

ただしキャッシュバック25,000円のキャンペーンと他社回線乗り換え時の41,000円のキャンペーンは併用できず、どちらか一方だけです。

ミカタロウ

他社違約金が20,000円以上の場合は41,000円のキャッシュバックを受け取れるよ。

また、どちらもサービス開始から1年後と2年後にキャッシュバック申請が必要なので、申請忘れが心配な人にはおすすめできません。

さらに、他社回線乗り換え時には、解約費用がかかったことがわかる書類を提出する必要もあります。

GMOとくとくBB WiMAXのキャンペーンはキャッシュバック申請が複雑であるため注意が必要です。

またWiMAXはデータ容量の実質無制限で、通信速度が速いため通信に関しての使い勝手がよく多くの人に選ばれるポケット型WiFiです。

使い勝手が良いポケット型WiFiをお得に契約したい方には、GMOとくとくBB WiMAXをおすすめします。

口座振替可&使い勝手を求めるなら「BIGLOBE WiMAX」

BIGLOBE WiMAX
参照:BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXは数あるWiMAXプロバイダの中でも、口座振替での支払いが可能なプロバイダの1つです。

通信速度が速く使い勝手が良いWiMAXを口座振替で支払いたい方に、おすすめですよ。

【BIGLOBE WiMAX概要】

対応エリア日本全国
使用回線WiMAX 2+、au 4G LTE、WiMAX5G
スマホセット割auスマホが永年毎月最大1,100円割引
UQモバイルが永年毎月最大1,100円割引
契約期間なし
最大速度下り速度:2.7Gbps
上り速度:183Mbps
データ容量無制限
初期費用事務手数料:3,300円
端末代金27,720円または770円×36回払い
月額料金0ヶ月目:0円
1~24ヶ月目:3,773円 
25ヶ月目~:4,928円+振込手数料220円
2年間実質月額料金4,863円(口座振込の場合)
解約金0円ただし、25ヶ月以内に解約すると端末代金の残債支払いが発生
キャンペーン内容・2年間月額料金割引
※価格はすべて税込み

BIGLOBE WiMAXは口座振替で料金を支払えるWiMAXのプロバイダです。

WiMAXのプロバイダで口座振替ができるのは、提供元のUQ WiMAXや大規模なプロバイダのBIGLOBE WiMAX、Broad WiMAXなどです。

BIGLOBE WiMAXは以下の比較表のとおり、3つの口座振替が使えるプロバイダの中で実質月額料金が安いプロバイダです。

口座振替で支払うなら、BIGLOBE WiMAXがおすすめですよ。

口座振替ができる主な他社WiMAXプロバイダとの実質月額料金比較】

スクロールできます
BIGLOBE WiMAXUQ WiMAXBroad WiMAX
2年間の実質月額料金4,863円5,123円5,123円
※価格はすべて税込み

WiMAXはデータ量無制限で通信速度が速く、使い勝手が良いポケット型WiFiなので、通信速度を求める方はぜひ検討してみてください。

利用頻度が少なく、とにかく安く契約したいなら「MONSTER MOBILE」

monstermobile
参照:MONSTER MOBILE

とにかく安いポケット型WiFiを契約したいなら、MONSTER MOBILEがおすすめです。

月間データ容量が20GB、50GB、100GBのプランを選べますが、どのデータ量でもお得に使えます。

【MONSTER MOBILEの概要】

対応エリア 日本全国
使用回線 クラウドWiFi
スマホセット割 なし
契約期間 2年、なし
最大速度 下り速度:150Mbps上り速度:50Mbps
初期費用 事務手数料:3,300円
端末代金:0円(レンタル)
2年契約プラン 縛りなしプラン
データ容量 20GB 50GB 100GB 20GB 50GB 100GB
月額料金 1,980円 2,530円 2,948円 2,640円 3,190円 3,938円
2年間実質月額料金 2,112円 2,662円 3,080円 2,772円 3,322円 4,070円
解約違約金 2年未満:1,980円 2年未満:2,530円 2年未満:2,948円 0円
キャンペーン内容 ・14日間お試しキャンペーン
※価格はすべて税込み

MONSTER MOBILEの2年契約プランなら、20GB、50GBどのデータ量でも最安のポケット型WiFiです。

小容量から大容量まで、MONSTER MOBILEのポケット型WiFiが安いので、とにかく安くポケット型WiFiを使いたい方におすすめですよ。

また、契約期間縛りなしのプランも選べるので、いつでも違約金なしで解約したい方には縛りなしプランを選ぶと良いでしょう。

14日お試しキャンペーンも実施中なので、通信速度や使い勝手などを確認してから契約することも可能です。

月によって使う容量に幅があるなら「Rakuten WiFi Pocket」

楽天モバイル 
参照:楽天モバイル

月によって使うデータ量に差がある場合は、楽天回線エリア内でデータ量が無制限になる楽天モバイルのポケット型WiFi「Rakuten WiFi Pocket」がおすすめです。

【Rakuten WiFi Pocketの概要】

対応エリア日本全国
使用回線楽天回線/パートナー回線(ドコモ、au、ソフトバンク回線)
スマホセット割なし
契約期間なし
最大速度下り速度:150Mbps
上り速度:50Mbps
データ容量無制限
初期費用事務手数料:0円
端末代金0円
月額料金3,278円
2年間実質月額料金3,278円
違約金0円
キャンペーン内容・端末代金0円キャンペーン
※価格はすべて税込み

楽天モバイルのポケット型WiFi「Rakuten WiFi Pocket」は、お得に容量無制限の楽天回線が使える点で、特徴的なポケット型WiFiです。

月額料金3,278円でデータを使い放題です。

楽天回線エリアは公式サイトから確認できます。

現在、楽天モバイルのポケット型WiFi端末の本体代金が0円になるキャンペーンを実施中です。

また楽天モバイルや楽天市場、楽天のクレジットカードなど楽天関連のサービスを使っている場合は、楽天ポイントがたまりやすくなるのでおすすめですよ。

ためた楽天ポイントを月額料金の支払いに使うこともできますので、日ごろから楽天のサービスを利用している方におすすめのポケット型WiFiです。

安いポケット型WiFiを契約する際の注意点

安いポケット型WiFiを契約する際には、以下の点に注意しましょう。

光回線やホームルーターの方が通信速度が速い

ポケット型WiFiは、光回線やホームルーターよりも安いものの、遅く安定性に欠ける傾向があります。

【ポケット型WiFi ホームルーター・光回線との比較】

スクロールできます
ポケット型WiFiホームルーター光回線
工事不要不要必要
通信速度△比較的遅め○比較的速め◎比較的速め
安定性△比較的低め○比較的高め◎比較的高め
データ通信量20GB前後~無制限サービスにより異なるほぼ無制限無制限
持ち運び可能不可不可
月額料金比較的安い比較的安い比較的高い

光回線は、自宅まで物理的な回線を引くぶん、最も安定した高速通信が期待できます。

また、ホームルーターはポケット型WiFiよりも大きいぶん、アンテナ数が多く安定しやすい傾向があります。

具体的には、「4K、8Kの高画質動画をよく観る」「オンラインゲームをプレイする」という場合は、光回線がおすすめです。

ただし、光回線は月額料金が高く、自宅の回線工事が必要です。

賃貸住宅の場合は光回線工事ができないこともありますし、短期間で解約すると工事費用が無駄になってしまいます。

そこまで通信速度やデータ容量を求めない場合、一人暮らしの場合、賃貸住宅で回線工事ができない場合などは、ポケット型WiFiかホームルーターの方が良いでしょう。

自宅でしかネットを使わない場合はホームルーターが、外出先でもネットを使いたいならポケット型WiFiの方がおすすめです。

このように、求める通信速度やデータ容量、料金の安さ、使い勝手などによって、自分に適した回線を選んでください。

ミカタロウ

持ち運びにこだわらないならば、ホームルーターや光回線も検討してみましょう!

クラウドWiFiはとくに回線が安定しない

クラウドSIMのポケット型WiFiは、その多くがソフトバンク・au・ドコモのトリプルキャリアに対応しています。

一見つながりやすいようにも思えますが、「回線の一部のみを借りている」「どの回線を使うかは自動割り当て」といったことから、実はそれほど安定しているとはいえません。

また、クラウドSIMのポケット型WiFiは、他サービスに比べて端末のスペックが低い傾向にあります。

機種のスペックの違いについては、『ポケット型WiFiでおすすめの機種』をご覧ください。

猫ちゃん

月額料金が安いという魅力はあるものの、通信速度や安定性には不安が残りますね。

ミカタロウ

実際に、過去に大規模かつ長期間の通信障害が発生した例もあります。

途中解約すると違約金がかかる場合がある

月額料金が安いポケット型WiFiの中には、契約期間・解約違約金を設定しているサービスもあります。

契約期間の目安は1~2年、解約違約金の目安は1ヶ月分の月額料金程度です。

また、端末代を分割で払っている場合、残金はそのまま請求が続きます

以前は解約違約金が1万円台など高額なプロバイダが多くありました、最近は数千円台のプロバイダが増えており、以前ほどは解約費用の負担が減っています。

しかし、端末代金の支払いが2年、または、3年かかる場合は、支払い期間中に解約するとその残債が発生するので注意が必要です。

ミカタロウ

ポケット型WiFiの端末代金は通常2万円程度かかるので、大きな出費になってしまうでしょう。

ポケット型WiFiには、端末がレンタルで端末代金がかからない、契約期間縛りがない回線もあります。

そのような回線を選べば、解約時の違約金や端末代金の支払いが発生しません。

数か月後の引っ越しまでのつなぎにポケット型WiFiを使う場合や短期間で解約する場合などは、端末がレンタルで契約期間の縛りがないプロバイダをおすすめします。

容量が完全無制限のポケット型WiFiはない

WiMAXや大手3キャリア系、楽天モバイルのポケット型WiFiには、月間データ容量の上限がありません。

ただし、これは「完全無制限」とも、また異なります。

多くのポケット型WiFiサービスでは、「短期間であまりに多くのデータ容量を利用すると制限する」という、注意書きがされています。

非常に稀なケースではありますが、完全無制限ではないということは覚えておきましょう。

データ容量を超過すると、速度が著しく低下するものもある

データ容量の上限が決まっているポケット型WiFiの場合、データ容量を超過すると著しく低下します。

クラウドSIM系のポケット型WiFiのほとんどはデータ容量の上限が設定されているため、速度制限に注意が必要です。

たとえば、ゼウスWiFの場合、プランごとにデータ容量の上限が30GB、50GB、100GBでありデータ容量上限を超過すると、通信速度が128Kbpsに制限されてしまいます。

通信速度が1Mbpsを切ると、動画視聴など遅すぎてまったくできず、テキストでメールやSNSの受信などもストレスを感じる可能性が高いです。

ミカタロウ

そのため、データ容量を超過すると通信速度が遅すぎてほとんど何もできないので、データの使用量に注意しましょう。

なおWiMAXでは3日間で10GBまでの速度制限がありましたが、現在はこの速度制限は撤廃されています。

データ量を無制限に使いたい、通信速度制限がない方が良いという方には、WiMAXがおすすめです。

ポケット型WiFiでおすすめの機種

ここではポケット型WiFiのおすすめの機種について、WiMAX、クラウドSIM系ポケット型WiFi、楽天モバイルの3つをご紹介します。

結論から申し上げますと、WiMAXの機種が高スペックなので、通信速度を求めるならWiMAXがおすすめです。

一方、クラウドSIM系や楽天モバイルの場合、端末スペックは低いですが料金が安いです。

通信速度やポケット型WiFiのデータ容量、プラン料金などとも比較して、自分に合った端末を選びましょう。

WiMAXの機種

WiMAXの機種は、以下の3端末が高スペックでおすすめです。

どの機種も5G通信に対応しており最大速度が速く高スペックなので、通信速度を求めるならWiMAXがおすすめですよ。

【WiMAXのポケット型WiFi端末のスペック】

機種名 Speed Wi-Fi 5G X11 Speed Wi-Fi 5G X12 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
メーカー NECプラットフォームズ NECプラットフォームズ Samsung
価格 5,940円 27,720円 5,940円
サイズ 幅:約136mm高さ:約68mm奥行き:約14.8mm 幅:約136mm高さ:約68mm奥行き:約14.8mm 幅:約147mm高さ:約76mm奥行き:約10.9mm
重さ 約174g 約174g 約203g
ディスプレイサイズ 約2.4インチ 約2.4インチ 約5.3インチ
通信回線 5G、WiMAX 2+、4G LTE
最大通信速度 上り:最大183Mbps下り:最大2.7Gbps 上り:最大183Mbps下り:最大3.9Gbps 上り:最大183Mbps下り:最大2.2Gbps
最大同時接続台数 Wi-Fi:16台USB:1台 Wi-Fi:16台USB:1台 Wi-Fi:10台USB:1台
連続通信時間 初期設定時:約490分 初期設定時:約540分 初期設定時:約1,000分
連続待受時間 初期設定時:約400時間 初期設定時:約420時間 初期設定時:約790時間

現在のところ高性能端末は、Speed Wi-Fi 5G X12です。

端末価格は比較的高価ですが、WiMAXプロバイダの端末代金実質無料キャンペーンなども利用すればお得に手に入れられます。

端末のサイズや重さ、ディスプレイサイズ、通信速度、バッテリーの持ちなどを比較して、自分に合った端末を選んでみてください。

クラウドSIM系ポケット型WiFiの機種

クラウドSIM系ポケット型WiFiで利用される端末は、U2sとU3端末です。

それぞれの端末のスペックは以下のとおりです。

【クラウドSIMのポケット型WiFi端末のスペック】

スクロールできます
機種名U2sU3
メーカーグローカルネットグローカルネット
サイズ幅:約127mm高さ:約65.7mm奥行き:14.2mm幅:約126mm高さ:約66mm奥行き:10mm
重さ151g125g
ディスプレイサイズディスプレイなしディスプレイなし
通信回線ドコモ、au、ソフトバンク回線ドコモ、au、ソフトバンク回線
最大通信速度上り:最大50Mbps下り:最大150Mbps上り:最大50Mbps下り:最大150Mbps
最大同時接続台数5台10台
連続通信時間約12時間約12時間

U3の方が、最大同時接続台数が多く、高スペックといえます。

最大速度については、クラウドSIM系ポケット型WiFiの機種はほとんどが、下りは150Mbps、上りは50Mbpsと横並びです。

ミカタロウ

WiMAXの端末に比べるとスペックが低いため、通信速度についてはあまり期待できません。

ただクラウドSIM系ポケット型WiFiは料金が安く、ドコモ・au・ソフトバンクの3回線を利用しているため、電波がつながりやすいというメリットもあります。

自分に合ったデータ容量のプランを選べるので無駄がなく、通信費用を節約できるのも大きなメリットです。

Air-WiFiやChat WiFi、クラウドWiFiなどプロバイダで上記の機種を使えます。

楽天モバイルのポケット型WiFiの機種

楽天モバイルのポケット型WiFiの機種のスペックは以下のとおりです。

楽天モバイルのポケット型WiFi端末のスペック】

機種名Rakuten WiFi Pocket 2C
メーカーZTE
サイズ
重さ107g
通信回線楽天回線、ドコモ、au、ソフトバンク回線
最大通信速度
最大同時接続台数16台
連続通信時間約10時間
連続待受時間約300時間

楽天モバイルのポケット型WiFiは、楽天モバイルのプランを契約して使います。

楽天回線エリア内なら、月額料金が3,000円台でデータが使い放題なのは大きなメリットです。

しかし端末のスペックはWiMAX端末などに比べると低く、通信速度を優先する方にはおすすめしません。

使用頻度が少ないならテザリングがおすすめ

外出先でネットを使う頻度が少ないなら、スマホのテザリングもおすすめです。

テザリングとは、スマホをポケット型WiFiのように使ってスマホ経由でネットワークを使うことを指します。

パソコンやタブレットなどの端末からスマホのネットワークに接続することで、スマホのデータを消費してインターネットを使えます。

ミカタロウ

スマホプランがデータ量無制限ならおすすめですが、データ容量が限られている場合はあまりおすすめできません。

なおスマホプランで1GB追加するよりも、ポケット型WiFiなどで1GBを購入した方が安いため、継続的にテザリングを利用したい場合は、ポケット型WiFiの契約を検討しましょう。

外出先で使うデータ量が少ない場合、たまにしか使わない場合、スマホのプランが無制限の場合などに、スマホのテザリング使用はおすすめです。

スマホのテザリングを行うためには、以下の対応が必要です。

スマホのテザリングを行うために必要なこと
  • スマホの契約でテザリングオプションを申し込む
  • スマホの設定を変更しテザリング使用をONにする
  • パソコンやタブレットなどの端末からスマホのネットワークに接続する

スマホの契約によって、テザリングオプションの申し込みやオプション料金が必要な場合があります。

ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアでテザリングを使用する場合の状況は以下のとおりです。

【3大キャリアのテザリング使用に必要な対応】

スクロールできます
ドコモauソフトバンク
申し込み不要不要必要
オプション料金無料無料プランによっては有料
テザリングで使えるデータ容量の上限上限なしプランによって上限が異なるプランによって上限が異なる

お使いのスマホキャリアごとにテザリングに必要な手続きや料金、データ量の上限が異なるのでご注意ください。

スマホ契約を変更してテザリング使用の手続きを行ったら、スマホの設定をテザリングONにします。

設定方法はスマホ機種によって異なりますが、ネットワーク設定で他の端末からネットワークを使えるようにする設定があるので、その設定を変更してください。

外部からスマホのネットワークを使えるようになるので、不正使用されないように必ずパスワードをかけておきましょう。

ミカタロウ

勝手に使われてデータ容量が減ったら大変!

またテザリング使用が終わったら、テザリングの設定をオフにしておいてください。

パソコンやタブレットからスマホのネットワークに接続する方法は、ポケット型WiFiなどと同じです。

WiFi接続だけでなく、USBケーブルなどで有線接続を用いての利用も可能です。

速度の安定を求めるならホームルーターがおすすめ

ポケット型WiFiは無線通信でルーターの電波が弱いため通信速度が安定しないことがあります。

ネットを自宅で使うことが多い場合や、外出先ではスマホのテザリングで十分という場合は、ポケット型WiFiよりも電波が安定しているホームルーターがおすすめです。

ホームルーターは据え置き型のインターネットルーターで、常に電源に接続しているためポケット型WiFiよりも電波が安定しています。

ポケット型WiFiより通信速度が安定しており、速度を求める方におすすめですよ。

ミカタロウ

自宅中心でインターネットを使う場合はホームルーターがおすすめ!

ここでは、以下の3種類のホームルーターをご紹介します。

サービスごとの通信速度やホームルーター端末のスペック、プロバイダのキャンペーン、使えるスマホのセット割について解説してまいります。

基本は今お使いのスマホでセット割が使えるホームルーターを選ぶと良いでしょう。

料金 × 速度のバランスが良い「GMOとくとくBB WiMAX」

gmoとくとくBBWiMAX
参照:GMOとくとくBB WiMAX

お得な月額料金で安定した通信が利用できて、バランスが良いホームルーターは、GMOとくとくBB WiMAXのホームルーターです。

キャッシュバックキャンペーンが高額で、他のWiMAXプロバイダと比べると実質料金が安いのでおすすめですよ。

【GMOとくとくBB WiMAXの概要】

スクロールできます
回線WiMAX +5G回線
(au 5G・au 4G LTE・WiMAX2+回線)
エリア一部地域を除く全国
通信速度ダウンロード最大通信速度:4.2Gbps
アップロード最大通信速度:286Mbps
端末Speed Wi-Fi HOME 5G L13
データ容量無制限※プラスエリアモードは15GBまでの制限あり
実質月額料金4,181円
事務手数料3,300円
端末代金27,720円(一括または36回の分割払い)
月額料金1~12ヶ月目:3,784円
13~35ヶ月目:4,334円
36ヶ月目以降:5,104円
セット割■auスマートバリューauのスマホとセットで1台あたり最大1,100円割引
■自宅セット割UQモバイルのスマホとセットで1台あたり最大1,100円割引
契約期間最低利用期間:2年間
解約違約金:なし
ただし、36ヶ月以内に解約すると、端末代金の残債支払いが発生する
キャンペーン・25,000円キャッシュバック
・乗り換え時の解約違約金
・端末残債などに最大41,000円キャッシュバック
・3年間月額料金割引
・端末料金実質無料
※価格はすべて税込み

WiMAXは端末スペックも高スペックであるため、最大速度が速く快適にインターネット回線を利用できます。

さらにGMOとくとくBBから申し込むとキャッシュバック額が高額なので、お得に利用できるというメリットもあります。

ここでは、GMOとくとくBB WiMAXの詳細について詳しく解説していきましょう。

最大速度4.2Gbpsの高速通信

GMOとくとくBB WiMAXで使えるホームルーター端末は、最大速度4.2Gbpsの最新端末「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」です。

Speed Wi-Fi HOME 5G L13のスペックは以下のとおりです。

【Speed Wi-Fi HOME 5G L13のスペック】

機種名Speed Wi-Fi HOME 5G L13
メーカーZTE Corporation
価格27,720円
サイズ幅:約100mm
高さ:約207mm
奥行き:約100mm
重さ約635g
最大通信速度上り:最大286Mbps
下り:最大4.2Gbps
最大同時接続台数Wi-Fi:32台
有線LAN:2台
※価格はすべて税込み

下り最大速度が4.2Gbps、上り最大速度が286Mbpsと非常に速いです。

『WiMAXの機種』でご紹介したポケット型WiFiのルーター端末は下り最大速度が2.7Gbpsだったので、それよりも速いことがわかりますね。

また同時接続台数も32台+有線LAN2台と増えています。

据え置き型のホームルーターで通信速度が速く同時接続台数も多いので、ストレスなく利用ができるでしょう。

au・UQモバイルスマホとのセット割が適用できる

WiMAXはauとUQモバイルスマホのセット割が適用できるプロバイダが多いですが、中には適用できないプロバイダもあります。

しかしGMOとくとくBB WiMAXでは、auとUQモバイルのセット割が使えるので安心です。

auスマホ、UQモバイルスマホなら毎月最大1,100円のスマホ料金の割引を受けられますよ。

ミカタロウ

セット割は最大10回線まで適用可能!家族みんなでauスマホ・UQモバイルを使っている場合はさらにお得です!

WiMAXだけでなくスマホ料金も安くなれば、通信費用を大幅に節約できるでしょう。

ただし、スマホのプランによって割引額が変わるのでご注意ください。

最大41,000円キャッシュバックを受け取れる

GMOとくとくBB WiMAXは最大41,000円もの高額キャッシュバックを受け取れます。

GMOとくとくBB WiMAXのお得なキャンペーンは以下のとおりです。

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックキャンペーン
  • キャッシュバック25,000円
  • 他社回線からの乗り換えの場合はキャッシュバック最大41,000円

通常の新規契約の場合は、25,000円のキャッシュバックをもらえます。

さらに他社回線から乗り換える際に解約違約金や端末代金残債などの解約費用が20,000円以上発生する場合には、違

約金の負担を最大41,000円まで還元してもらえます。

他社回線から乗り換える場合には、とくにお得といえますね。

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックの申請から受け取りまでの流れは以下のとおりです。

キャッシュバック25,000円の受け取りの流れ
  1. 端末が発送されてから11ヶ月目に案内メールが届く
  2. メールの案内に従って振込先口座情報を登録する
  3. 口座登録した翌月の末日(営業日)に現金が指定口座に振り込まれる
他社からの乗り換えで解約費用がかかる場合のキャッシュバック最大41,000円の受け取りの流れ
  1.  GMOとくとくBB WiMAXを申し込み後に届くメールの解約違約金キャッシュバック申請フォームから申し込む
  2. 端末が発送された月を1ヶ月目として3ヶ月目の末日までに他社回線を解約して解約違約金の明細を提出する
  3. 端末が発送されてから11ヶ月目に案内メールが届く
  4. メールの案内に従って振込先口座情報を登録する
  5. 口座登録した翌月の末日(営業日)に現金が指定口座に振り込まれる

どちらの場合も端末が発送されてから約1年後にキャッシュバック申請をする必要があるため、忘れないように注意しましょう。

また他社回線の解約費用の還元を受ける場合は、解約費用がかかったことがわかる書類を提出する必要があります。

キャッシュバック申請まで時間がかかるので、スマホのリマインダーに登録するなど申請を忘れないようにしましょう。

月額料金が44,693円の値引きされる

GMOとくとくBB WiMAXではキャッシュバックが豊富なだけでなく、月額料金の割引が3年間続きます。

3年間の月額料金割引を受けると、44,693円もの値引きを受けられるのでお得ですよ。

GMOとくとくBB WiMAXの月額料金割引内容
  • 端末発送月:通常料金5,302円→1,089円(4,213円値引き)
  • 1~12ヶ月:通常料金5,302円→3,784円(1,518円値引き×12回=18,216円値引き)
  • 13~35ヶ月:通常料金5,302円→4,334円(968円値引き×23回=22,264円値引き)

WiMAXをお得に契約したいなら、GMOとくとくBB WiMAXがおすすめです!

WiMAXの申込窓口比較

GMOとくとくBB WiMAXでは高額キャッシュバックや月額料金割引を受けられるためとてもお得です。

実際にWiMAXプロバイダの実質月額料金を比較した表を見てみましょう。

【WiMAXプロバイダの実質月額料金比較】

スクロールできます
プロバイダ名契約期間実質月額料金
GMOとくとくBB2年4,181円
ヨドバシWiMAX4,784円
BIC WiMAX4,611円
Vision WiMAX2年5,740円
BIGLOBE WiMAX4,863円
DTI WiMAX2年4,312円
カシモWiMAX4,814円
UQ WiMAX5,123円
シンプルWiFi4,972円
FreeMax+5G4,932円
5G CONNECT2年3,986円
hi-ho WiMAX2年4,818円
スマモバWiMAX+5G6,475円
Broad WiMAX2年5,101円
EXWiMAX2年5,105円
DIS mobile WiMAX5,271円
KT WiMAX5,271円
YAMADA air mobile5,271円
エディオンネット5,271円
So-net モバイル WiMAX5,755円
au WiMAX5,920円
※実質月額料金は2年間のもの

比較表を見てもわかるとおり、GMOとくとくBB WiMAXの実質料金が最安です。

そのためWiMAXを安く契約したいなら、GMOとくとくBB WiMAXがおすすめですよ。

速度が速くドコモスマホとのセット割が適用できる「home 5G × GMOとくとくBB」

home 5G GMOとくとくBBサイト画像
参照:GMOとくとくBB

ドコモユーザーで通信速度の速さを求める方におすすめなのが、「home 5G × GMOとくとくBB」です。

ドコモのhome 5Gは、端末のスペックと通信品質が良いので通信速度が速い点がメリットです。

またドコモのセット割を使えるため、ドコモスマホユーザーにおすすめのホームルーターです。

【home 5G × GMOとくとくBBの概要】

回線ドコモ回線
エリア一部地域を除く全国
通信速度ダウンロード最大通信速度:4.2Gbps
アップロード最大通信速度:218Mbps
端末HR02
データ容量無制限
実質月額料金4,553円
事務手数料3,300円
端末代金71,280円(キャンペーンで実質無料)
月額料金4,950円
セット割ドコモのスマホとセットで1台あたり最大1,100円割引
契約期間最低利用期間:なし
解約違約金:なし
ただし、36ヶ月以内に解約すると、端末代金の残債支払いが発生する
キャンペーン・18,000円分のAmazonギフト券プレゼント
・端末料金実質無料
※価格はすべて税込み

ダウンロード最大通信速度が4.2Gbpsと、高速通信が可能である点が特徴的です。

またドコモのセット割が使えて、GMOとくとくBBから申し込めば高額のAmazonギフト券をもらえるのでお得ですね。

端末代金が少し高めに設定されていますが、3年間継続利用すれば実質無料になります。

ここでは、home 5G × GMOとくとくBBのメリットについて詳しくご説明しましょう。

Wi-Fi6搭載、最大速度4.2Gbpsの高速通信

ドコモ home 5Gの最新端末、HR02のスペックは以下のとおりです。

【HR02のスペック】

機種名HR02
メーカーシャープ
価格71,280円
サイズ幅:約95mm
高さ:約170mm
奥行き:約95mm
重さ約847g
最大通信速度上り:最大218Mbps
下り:最大4.2Gbps
最大同時接続台数66台
※価格はすべて税込み

HR02の最大下り速度は4.2Gbpsととても速いです。

さらに最新のWi-Fi規格のWi-Fi6に対応しており、家族みんなで同時にネットワークに接続しても安定した通信環境を維持できます。

最大同時接続台数は66台と多く、パソコンやタブレット、スマホ、ゲーム機、家電製品などネットワーク機器が多い場合も安心です。

ミカタロウ

home 5Gは実測値も最速だよ!

導入時に複雑な初期設定などは不要で、コンセントにつなぐだけで利用可能です。

スマホなどでQRコードを読み込んで接続できる「かんたんWi-Fi接続」に対応しているので、すぐに使えて便利ですよ。

しかもGMOとくとくBBなら3年間継続利用すれば端末代金が実質無料になるため、お得に使えます。

ただし、3年以内に解約すると端末代金の残債支払いが発生するため、ご注意ください。

ドコモスマホとのセット割が適用できる

ドコモ home 5Gはドコモスマホとのセット割が適用できます。

ドコモのスマホ料金が毎月最大1,100円割引されるうえに、家族がドコモユーザーの場合は家族のスマホ料金にも割引が適用されます。

そのためドコモユーザーの方がホームルーターを使う場合は、ドコモ home 5Gがお得です。

18,000円分のAmazonギフト券が受け取れる

GMOとくとくBBからドコモ home 5Gを申し込むと、18,000円分のAmazonギフト券を受け取れるキャンペーンを実施しています。

Amazonギフト券なら欲しいもののお買い物に使えるのでうれしいですね。

キャンペーンを利用するためのオプション加入などは不要で、GMOとくとくBBのサイトからドコモ home 5Gを申し込むだけでギフト券を受け取れます。

home 5Gの申込窓口比較

home 5Gの申込窓口はいくつかありますが、GMOとくとくBBがお得な窓口です。

以下で、home 5Gの申込窓口の実質月額料金とキャッシュバック額を比較してみました。

【home 5Gの申込窓口比較】

スクロールできます
プロバイダ名実質月額料金キャッシュバック額
GMOとくとくBB4,362円18,000円
アイ・ティー・エックス4,682円10,000円
ドコモ公式4,950円なし
※価格はすべて税込み

home 5Gの申込窓口を比較したところ、GMOとくとくBBはキャッシュバック額が大きいので実質月額料金が最安です。

そのため、home 5Gをお得に申し込みたいなら、GMOとくとくBBから申し込みましょう。

料金を重視するなら「ソフトバンクエアー(モバレコエアー)」

モバレコエアー公式サイト
参照:モバレコエアー

料金の安さを重視する方にはソフトバンクエアーがおすすめで、お得な申込窓口はモバレコエアーです。

またソフトバンク、ワイモバイルユーザーならスマホのセット割が使えるので、さらにお得に利用できます。

【ソフトバンクエアー(モバレコエアー)の概要】

スクロールできます
回線ソフトバンク回線
エリア一部地域を除く全国
通信速度ダウンロード最大通信速度:2.1Gbps
端末Airターミナル5
データ容量無制限
実質月額料金3,034円
事務手数料3,300円
端末代金71,280円(キャンペーンで実質無料)
月額料金1ヶ月目:1,320円 
2~11ヶ月目:3,080円 
12ヶ月目以降:4,180円
セット割ソフトバンク、ワイモバイルのスマホとセットで1台あたり最大1,100円割引
契約期間最低利用期間:なし
解約違約金:なし
ただし、36ヶ月以内に解約すると、端末代金の残債支払いが発生する
キャンペーン・17,000円のキャッシュバック
・2年間月額料金割引
・端末料金実質無料
・他社回線からの乗り換え時の解約費用を満額還元
※価格はすべて税込み

ソフトバンクエアーはソフトバンクとワイモバイルのセット割が使えるホームルーターです。

申込窓口をモバレコエアーにすれば、17,000円の高額キャッシュバックや2年間の月額料金割引などのキャンペーンを利用できます。

端末代金は7万円以上と高額ですが、3年間継続利用すれば実質無料です。

さらにソフトバンクエアーの公式キャンペーンで、他社回線から乗り換え時に発生する解約費用を満額還元してもらえます。

ここではソフトバンクエアー(モバレコエアー)のメリットについてご紹介します。

最大速度大2.1Gbps

ソフトバンクエアーの最新ホームルーター端末は、Airターミナル5です。

Airターミナル5のスペックは以下のとおりです。

【Airターミナル5のスペック】

機種名Airターミナル5
メーカーOPPO
価格71,280円
サイズ幅:約103mm
高さ:約225mm
奥行き:約103mm
重さ約1,086g
最大通信速度下り:最大2.1Gbps
最大同時接続台数128台
※価格はすべて税込み※価格はすべて税込み

下り最大速度は2.1Gbpsと非常に速く、高スペックです。

しかしWiMAXやhome 5Gの最新端末には性能が劣るため、通信速度にこだわりたい方にはおすすめできません。

通信性能はWiMAXやhome 5Gの方が優れていますが、プラン料金が安い方が良いという方におすすめです。

ミカタロウ

コスパ重視ならソフトバンクエアーをモバレコエアーから申し込もう!

端末代金は約7万円と高額ですが、3年間継続利用すれば実質無料になります。

ただし3年以内に解約すると、端末代金の残債を一括で支払いをしなければならないのでご注意ください。

そのため長く使うつもりがない場合は、端末購入プランではなく端末レンタルプランがおすすめです。

月額料金が539円高くなりますが、解約時の端末代金残債支払いをするより安くなるなら端末レンタルプランを選ぶと良いでしょう。

【モバレコエアーの料金プラン】

スクロールできます
端末購入プラン端末レンタルプラン
0~1ヶ月目2,167円2,706円
2~23ヶ月目3,679円4,218円
24ヶ月目~5,368円5,907円
※価格はすべて税込み

ソフトバンク・ワイモバイルスマホとのセット割が適用できる

ソフトバンクエアーを契約すると、ソフトバンクとワイモバイルスマホのセット割が適用されます。

ソフトバンクユーザー、ワイモバイルユーザーなら、毎月最大1,100円のスマホ料金の割引を受けられるのでお得です。

17,000円キャッシュバックを受け取れる

モバレコエアーから申し込むと、17,000円のキャッシュバックを受け取れるので非常にお得です。

キャッシュバックの申請方法は以下のとおり簡単です。

モバレコエアーのキャッシュバック申請方法

1.モバレコエアーの公式サイトから申し込む

2.モバレコエアーを利用開始する

3.利用開始翌月の5日前後にメールが届くので、メールの案内に従って振込口座を登録する

4.最短で当月の月末にキャッシュバックが振り込まれる

1年後にキャッシュバック申請が必要な他社のプロバイダとは違い、申請方法がシンプルで申し込みやすいですね。

お得なモバレコエアーのキャッシュバックキャンペーンを、ぜひご利用ください。

他社違約金を負担してくれる

ソフトバンクの公式キャンペーン「SoftBankあんしん乗り換えキャンペーン」で、他社回線からの乗り換え時に発生する解約費用を負担してもらえます。

他社回線の解約違約金は端末代金の残債支払い、回線の撤去費用などが高額な場合は、ぜひご利用ください。

解約費用を満額負担してもらえるので、とてもお得ですよ。

ミカタロウ

最大10万円の還元だから、事実上の全額負担になるね!

このキャンペーンを申請する場合は、ソフトバンクエアーの利用開始月を1ヶ月目として5ヶ月目の末日までに解約費用がかかったことがわかる書類を提出する必要があります。

その後、利用開始月から6ヶ月目に解約費用を受け取れます。

ソフトバンクエアーの申込窓口比較

ソフトバンクエアーの申込窓口はいくつかありますが、お得な窓口はモバレコエアーです。

ソフトバンクエアーの申込窓口の実質月額料金とキャッシュバック額を比較してみました。

【ソフトバンクエアーの申込窓口比較】

スクロールできます
プロバイダ名実質月額料金キャッシュバック額
モバレコエアー3,034円17,000円
ブロードバンドナビ3,082円33,000円
NEXT3,297円35,000円
Yahoo!BB2,435円25,000円
公式4,497円なし
※価格はすべて税込み

比較表を見てもわかるとおり、モバレコエアーの実質月額料金が最安です。

キャッシュバック額は他の申込窓口の方が高額ですが、月額料金の割引率が高いためモバレコエアーがお得といえます。

ソフトバンクエアーを少しでもお得に申し込みたいなら、モバレコエアーからの申し込みをおすすめします。

高速通信を求めるなら光回線も検討しよう

高速通信を求めるなら、ポケット型WiFiではなく固定回線である光回線もおすすめです。

光回線は有線接続のネット回線で通信速度が速く安定しておりますので、高画質の動画視聴やオンラインゲームなども快適に利用できるでしょう。

光回線はスマホのセット割や提供エリアによって適した回線が異なります。

ここでは、以下の5社の光回線を詳しくご紹介していきます。

それぞれの説明を参考にしていただき、自分に合った光回線を選んでください。

au・UQモバイルユーザーなら「auひかり × GMOとくとくBB」

au とくとくBB
参照:au とくとくBB

au、UQモバイルのユーザーなら、スマホのセット割が使えるauひかりがおすすめです。

またauひかりは申込窓口が多く、お得な窓口から申し込めば安く契約できますよ。

【auひかり × GMOとくとくBBの概要】

回線 KDDI回線
エリア 東海エリア、関西エリアを除く全国
通信速度 下り最大速度:1Gbps
事務手数料 3,300円
戸建てプラン マンションプラン
工事費用 41,250円(キャンペーンで実質無料) 33,000円(キャンペーンで実質無料)
月額料金 1年目:5,610円2年目:5,500円3年目:5,390円 4,180円
実質月額料金 3,158円(3年間) 727円(2年間)
契約期間 最低利用期間:3年解約違約金:4,730円ただし、36ヶ月以内に解約すると、工事費用の残債支払いが発生する 最低利用期間:2年解約違約金:2,730円ただし、24ヶ月以内に解約すると、工事費用の残債支払いが発生する
セット割 au、UQモバイルのスマホとセットで1台あたり最大1,100円割引
キャンペーン 【auひかり公式特典】・他社違約金・撤去工事費を最大30,000円還元【GMOとくとくBB独自特典】・キャッシュバック最大82,000円・工事費実質無料・auひかり電話基本料550円が最大35ヶ月無料・IPv6対応高性能ルーターを無料でプレゼント
※価格はすべて税込み

auひかりはauとUQモバイルのセット割が使える光回線なので、auユーザーとUQモバイルユーザーにおすすめです。

auひかりの公式キャンペーンで、他社回線からの乗り換え時に発生する解約費用を最大30,000円まで還元してもらえます。

他社回線を解約して乗り換える際に、解約違約金や工事費用や端末代金の残債が発生する場合は、ぜひご利用ください。

auひかりの申込窓口比較

auひかりの申込窓口で実質料金が最安の窓口は、以下のキャンペーンを実施しているGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBB独自特典
  • キャッシュバック最大82,000円
  • 工事費実質無料
  • auひかり電話基本料550円が最大35ヶ月無料
  • IPv6対応高性能ルーターを無料でプレゼント

他の代理店窓口と比較するとどれくらいお得なのかを、以下の比較表で見てみましょう。

【auひかりの申込窓口比較】

スクロールできます
代理店窓口戸建:実質月額料金マンション:実質月額料金キャッシュバック最大額オプション加入要否キャッシュバック受取時期
GMOとくとくBB3,158円727円82,000円不要1年後・2年後
BIGLOBE3,325円2,110円76,000円不要11、24ヶ月後
NNコミュニケーションズ3,986円1,693円72,000円不要代理店:翌月
ISP:4ヶ月後
グローバルキャスト4,153円1,943円66,000円必要7ヶ月後
フルコミット4,236円2,068円63,000円特定のプロバイダ加入が必要代理店:翌月
ISP:4ヶ月後
So-net4,558円3,034円14,154円不要10ヶ月後
NEXT3,930円1,610円74,000円特定のプロバイダ加入が必要代理店:翌月
ISP:4ヶ月後
アイネットサポート4,708円2,777円46,000円不要翌月
@TCOM4,875円3,027円40,000円不要7ヶ月後
DTI4,930円3,110円38,000円不要14ヶ月後
@nifty5,137円3,443円30,000円不要1、2年後
au one net5,986円4,693円不要4ヶ月後
ASAHIネット6,118円4,818円
※価格はすべて税込み

表を見てもわかるとおり、GMOとくとくBBの実質料金が最安です。

しかしGMOとくとくBBのキャッシュバックは高額ですが、受取時期が1年後と2年後で遅く、しかも2回に分かれています。

そのため、キャッシュバック申請を忘れないように、スマホのリマインダー登録などをしておくことをおすすめします。

auひかりがエリア外なら「So-net 光 プラス × 公式」

So-net光プラス
参照:So-net光プラス

auひかりが提供エリア外の場合は、So-net 光 プラスがおすすめです。

フレッツ光回線を利用する日本全国で使える光回線なので、auひかりが提供エリア外でも使えますよ。

au、UQモバイルのセット割が適用されるので、au、UQモバイルユーザーの方におすすめです。

【So-net 光 プラス × 公式の概要】

回線 フレッツ光回線
エリア 一部エリアを除く全国
通信速度 下り最大速度:1Gbps
事務手数料 3,500円
戸建てプラン マンションプラン
工事費用 26,400円(キャンペーンで実質無料) 26,400円(キャンペーンで実質無料)
月額料金 1ヶ月目:0円2ヶ月目~:6,138円 1ヶ月目:0円2ヶ月目~:4,928円
実質月額料金 4,495円 3,335円
契約期間 最低利用期間:2年解約違約金:4,580円ただし、24ヶ月以内に解約すると、工事費用の残債支払いが発生する 最低利用期間:2年解約違約金:3,480円ただし、24ヶ月以内に解約すると、工事費用の残債支払いが発生する
セット割 au、UQモバイルのスマホとセットで1台あたり最大1,100円割引
キャンペーン ・キャッシュバック最大50,000円・工事費実質無料・v6プラス対応無線ルーター永年無料レンタル・訪問サポート1回分無料
※価格はすべて税込み

So-net光プラスは公式サイトでキャッシュバック特典をもらえて、工事費用が実質無料になるキャンペーンも利用できます。

そのため実質料金が比較的安く、お得に契約可能です。

またauとUQモバイルのセット割が使えるため、auユーザー、UQモバイルユーザーにおすすめです。

フレッツ光を使う光コラボ回線なので日本全国で使えるため、auひかりが提供エリア外だった場合に契約を検討してみてください。

So-net 光 プラスの申込窓口比較

So-net光プラスの申込窓口は現在のところ公式サイトのみですが、お得なキャンペーンを実施しています。

公式サイトで実施しているキャンペーンは以下のとおりです。

So-net光プラスの公式サイトのキャンペーン内容
  • キャッシュバック最大50,000円
  • 工事費実質無料
  • v6プラス対応無線ルーター永年無料レンタル
  • 訪問サポート1回分無料

公式サイトのキャッシュバック50,000円は以下のとおり2回に分けて振り込まれます。

  • 1回目:サービス開始から6ヶ月後に申請し、約1ヶ月後に30,000円振り込まれる
  • 2回目:サービス開始から12ヶ月後に申請し、約1ヶ月後に20,000円振り込まれる

キャッシュバック申請が6ヶ月後と12ヶ月後なので忘れやすいため、忘れないようにリマインダー登録などをしましょう。

ドコモユーザーなら「ドコモ光 × GMOとくとくBB」

ドコモ光 GMO
参照:ドコモ光 GMO

ドコモスマホをお使いの方なら、ドコモのセット割が使えるドコモ光がおすすめです。

【ドコモ光 × GMOとくとくBBの概要】

回線 フレッツ光回線
エリア 一部エリアを除く全国
通信速度 下り最大速度:1Gbps
事務手数料 3,300円
戸建てプラン マンションプラン
工事費用 0円 0円
月額料金 5,720円 4,400円
実質月額料金 4,949円 3,629円
契約期間 最低利用期間:2年解約違約金:5,500円 最低利用期間:2年解約違約金:4,180円
セット割 ドコモのスマホとセットで1台あたり最大1,100円割引
キャンペーン 【ドコモ光公式特典】・工事費無料【GMOとくとくBB独自特典】・最大64,500円キャッシュバック・他社回線解約時の違約金などを最大10,000円還元・高性能WiFiルーター無料

※価格はすべて税込み

ドコモ光はドコモのセット割が使える唯一の光回線です。

そのためドコモユーザーの方が光回線をお得に使いたいなら、ドコモ光一択といえるでしょう。

また、ドコモ光は工事費用が実質無料ではなく0円です。

他の光回線では契約期間内に解約すると工事費用の残債の必要なケースが多いですが、ドコモ光は完全無料なので安心ですね。

ドコモ光の申込窓口比較

ドコモ光はさまざまなキャンペーンを実施している申込窓口があります。

その中でもおすすめの窓口は、以下のようなキャンペーンを実施しているGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBのお得なキャンペーン
  • 最大64,500円キャッシュバック
  • 他社回線解約時の違約金などを最大10,000円還元
  • 高性能WiFiルーター無料

ただGMOとくとくBBのキャッシュバックはオプションに加入しないと5,500円しかもらえません。

加入するオプションによってキャッシュバックが以下のように異なるためご注意ください。

【GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンの内訳】

スクロールできます
加入するオプションキャッシュバック額
・Lemino
・ひかりTV
・DAZN for docomo
64,500円
・ひかりTV(2年割)
・DAZN for docomo
35,000円
ひかりTV(2年割)18,000円
DAZN for docomoまたはスカパー!(1,800円以上の商品)15,000円
Leminoまたはdアニメストア10,000円
なし5,500円

実際に、ドコモ光の申込窓口の実質料金やキャッシュバックの内容を比較してみました。

【ドコモ光の申込窓口比較】

スクロールできます
代理店窓口戸建:2年間実質月額料金マンション:2年間実質月額料金キャッシュバック最大額オプション加入要否キャッシュバック受取時期
GMOとくとくBB4,949円3,629円65,000円必要5ヶ月後
ドコモオンラインコンシェルジュ5,158円3,838円30,000円不要翌月
ネットナビ5,574円4,254円20,000円必要翌月
@nifty5,574円4,254円20,000円不要8ヶ月後

表を見てもわかるとおり、GMOとくとくBBの実質料金額が最安です。

他の申込窓口もGMOとくとくBBと同じように、キャッシュバック額を上げるためにオプション加入をする必要があります。

ドコモひかりをお得に使いたい場合は、GMOとくとくBBから申し込むことをおすすめします。

ソフトバンクユーザーなら「NURO光 × 公式特設サイト」

NURO光 公式
参照:NURO光 公式

NURO光は通信速度が速く安定した独自回線を利用できる光回線です。

さらにソフトバンクユーザーならセット割が適用されるので、お得に契約できますよ。

【NURO光 × 公式特設サイトの概要】

回線 NURO光回線
エリア 【北海道エリア】 北海道
【東北エリア】 宮城県 ※10Gのみ提供
【関東エリア】 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県
【東海エリア】 愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
【関西エリア】 大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県
【中国エリア】 広島県、岡山県
【九州エリア】 福岡県、佐賀県
通信速度 下り最大速度:2Gbps
事務手数料 3,300円
戸建てプラン マンションプラン
工事費用 44,000円(キャンペーンで実質無料) 44,000円(キャンペーンで実質無料)
月額料金 5,200円 2,090円~2,750円
実質月額料金 4,054円 2,037円~2,697円
契約期間 最低利用期間:3年解約違約金:3,850円ただし、36ヶ月以内に解約すると、工事費用の残債支払いが発生する 最低利用期間:3年解約違約金:528円ただし、36ヶ月以内に解約すると、工事費用の残債支払いが発生する
セット割 ソフトバンクのスマホとセットで1台あたり最大1,100円割引
キャンペーン ・キャッシュバック(公式特設サイト)
戸建て・マンションミニ:最大45,000円NURO光 for マンション:最大25,000円
・工事費実質無料
・ネット開通までの最大2ヶ月間ホームルーター無料貸し出し
・設定サービス一回無料
※価格はすべて税込み

NURO光は、最大速度が2Gbpsと高速であり、安定した通信が利用できる独自回線です。

ここでは、以下の表で主要な光回線の通信速度実測値を比較してみましょう。

【主要な光回線の通信速度実測値比較】

光回線名下り速度実測値平均
コミュファ光606.05Mbps
NURO光588.77Mbps
auひかり515.03Mbps
ソフトバンク光316.56Mbps
ドコモ光280.69Mbps
So-net光プラス251.84Mbps
楽天ひかり241.67Mbps
※みんなのネット回線速度(https://minsoku.net/speeds/optical/rankings)より

表のとおり、NURO光の通信速度実測値は約600Mbpsと非常に速いです。

これだけ速度が出ていれば、動画視聴はもちろん、オンラインゲームなども快適に楽しめるでしょう。

通信速度を求める方におすすめの光回線です。

しかしNURO光は提供エリアが限られており、契約できない場合もあるのでご注意ください。

NURO光の申込窓口比較

NURO光はいくつか申込窓口がありますので、お得に利用できる申込窓口を選びましょう。

NURO光をお得に利用したい場合におすすめの窓口は、公式特設サイトの高額キャッシュバックです。

公式特設サイトのキャッシュバック
  • 戸建てプラン:45,000円
  • マンションプラン:25,000円

NURO光の他の代理店窓口と実質料金やキャッシュバック内容について比較してみましょう。

【NURO光の申込窓口比較】

スクロールできます
代理店窓口戸建:3年間実質月額料金マンション:3年間実質月額料金キャッシュバック最大額オプション加入要否キャッシュバック受取時期
価格.com3,953円77,000円不要12ヶ月後と24ヶ月後
公式サイト4,054円43,000円不要6ヶ月後
公式特設サイト4,211円2,037円~2,697円戸建て:45,000円
マンション:25,000円
不要6ヶ月後
※価格はすべて税込み

価格.comが最もキャッシュバック額が高額ですが、受取時期が遅く2回に分けて受け取らなければなりません。

そのため、おすすめなのはキャッシュバックを受け取りやすい公式特設サイトがおすすめといえます。

NURO光がエリア外なら「ソフトバンク光 × NEXT」

softbank next
参照:ソフトバンク光 NEXT

ソフトバンク光はフレッツ光回線を利用する日本全国で使える光回線なので、NURO光が提供エリア外でも使えますよ。

またソフトバンクユーザーやワイモバイルユーザーの場合はソフトバンクのセット割が使えるのでおすすめです。

【ソフトバンク光 × NEXTの概要】

回線 フレッツ光回線
エリア 一部エリアを除く全国
通信速度 下り最大速度:1Gbps
事務手数料 3,300円
戸建てプラン マンションプラン
工事費用 26,400円(他社から乗り換えの際にはキャンペーンで実質無料) 26,400円(他社から乗り換えの際にはキャンペーンで実質無料)
月額料金 5,720円 4,180円
実質月額料金 5,158円 3,618円
契約期間 最低利用期間:2年解約違約金:5,720円ただし、SoftBank 光 工事費サポート はじめて割」利用時に24ヶ月以内に解約すると、工事費用の残債支払いが発生する 最低利用期間:3年解約違約金:4,180円ただし、SoftBank 光 工事費サポート はじめて割」利用時に24ヶ月以内に解約すると、工事費用の残債支払いが発生する
セット割 ソフトバンク・ワイモバイルのスマホとセットで1台あたり最大1,100円割引
キャンペーン 【公式キャンペーン】
・他社違約金・撤去工事費を満額還元・他社からの乗り換えの際には「SoftBank 光 工事費サポート はじめて割」で工事費用実質無料【NEXTの独自キャンペーン】
・キャッシュバック最大40,000円
※価格はすべて税込み

ソフトバンク光はソフトバンク、ワイモバイルのスマホユーザーならセット割が使えておすすめです。

またソフトバンク光の公式キャンペーンで、他社回線からの乗り換え時に発生する違約金を満額還元してもらえます。

さらに他社回線からの乗り換え時には、「SoftBank 光 工事費サポート はじめて割」で工事費用が実質無料になりますよ。

ただし工事費用に関しては他の光回線とは異なり、「他社回線からの乗り換え時のみ」実質無料なのでご注意ください。

月額料金は他社光回線と比べて安いわけではありませんが、キャッシュバックキャンペーンなどを実施している代理店窓口から申し込めばお得です。

ソフトバンク光の申込窓口比較

ソフトバンク光の申込窓口でおすすめの窓口は、最大37,000円のキャッシュバックを受け取れる代理店窓口「NEXT」です。

NEXTのキャッシュバック額
  • 新規申し込み時:37,000円
  • 他社回線からの乗り換えで「SoftBank 光 工事費サポート はじめて割」適用時:33,000円
  • フレッツ光からの転用、光コラボ回線からの事業者変更時:15,000円

実質月額料金やキャッシュバック額、キャッシュバックの受取時期、オプション加入要否を比較してみましょう。

【ソフトバンク光の申込窓口比較】

スクロールできます
代理店窓口戸建:2年間実質月額料金マンション:2年間実質月額料金キャッシュバック最大額オプション加入要否キャッシュバック受取時期
LifeBank4,324円2,784円50,000円必要10ヶ月後
STORY4,866円3,326円37,000円不要2ヶ月後
NEXT5,158円3,618円37,000円不要2ヶ月後
エヌズカンパニー5,033円3,493円33,000円不要1ヶ月後
アイネットサポート4,991円3,451円34,000円不要2ヶ月後
アウンカンパニー5,241円3,701円28,000円不要2ヶ月後
GMOとくとくBB5,199円3,659円29,000円不要2ヶ月後
ブロードバンドナビ5,324円3,784円26,000円必要7ヶ月後
Yahoo!BB5,366円3,826円25,000円不要5ヶ月後
公式6,408円4,868円
※価格はすべて税込み

比較表を見ると、LifeBank、STORY、NEXT、エヌズカンパニーの実質料金が安いことがわかります。

しかしLifeBankはキャッシュバックの受取時期が遅くオプション加入が必要なので、おすすめとはいえません。

安いポケット型WiFiに関するよくある質問

安いポケット型WiFiに関する以下のよくある質問について、回答・解説していきます。

高額なキャッシュバックがあるポケット型WiFiは?

高額なキャッシュバックキャンペーンがあるポイント型WiFiをお探しなら、GMOとくとくBB WiMAXを経由して、WiMAXのポケット型WiFiを契約するのがおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAXなら、指定プランでのポケット型WiFiの契約で、25,500円のキャッシュバックが受けられます。

詳しくは、「1位:GMOとくとくBB WiMAX・・・au・UQモバイルのスマホとセット割でさらにお得に」で解説していますので、ぜひ確認してみてください。

最安のポケット型WiFiの選び方は?

最安のポケット型WiFiを選びたいなら、以下の7点に注目してみましょう。

まずは自分に合ったデータ容量を把握し、それにあったプランがあるポケット型WiFiに絞り込みます。

その中からさらに実質月額料金の安いものを選び、エリア・通信速度に問題がないかを確認してください。

詳しくは、「安いポケット型WiFiの選び方のポイント」で解説しています。

ポケット型WiFiの速度は遅い?

ポケット型WiFiの通信速度は最高2~3Gbpsと、決して遅くはありません。

しかし、光回線やホームルーターと比べると、遅く安定性に欠ける傾向にあります。

そのため、持ち運びの必要がないのなら、ポケット型WiFiよりもホームルーター・光回線の検討がおすすめです。

なお、「光回線やホームルーターの方が通信速度が速い」では比較表を使って解説していますので、気になる方はぜひご覧ください。

まとめ

安いポケット型WiFiを利用したいなら、通信速度・月額料金・データ容量・エリアの4つのバランスがとれたWiMAXのポケット型WiFiがおすすめです。

データ容量が少なめなら、小容量にも対応しているクラウドSIMのポケット型WiFiも検討してみましょう。

【おすすめのポケット型WiFi】

スクロールできます
サービス名月額料金実質料金(3年)速度違約金キャンペーン
GMOとくとくBB WiMAXgmoとくとくBBWiMAX1ヶ月目:1,089円
2~35ヶ月目:3,784円
36ヶ月目以降:4,334円
4,231円ダウンロード最大通信速度:3.9Gbps
アップロード最大通信速度:183Mbps
無料・25,500円キャッシュバック
・乗り換え時の解約違約金
・端末残債などに最大40,000円キャッシュバック
BIGLOBE WiMAXBIGLOBE WiMAX初月:無料
次月~24ヶ月目:3,267円
25ヶ月目以降:4,928円
※口座振替利用時は220円の手数料が加算
5,110円ダウンロード最大通信速度:3.9Gbps
アップロード最大通信速度:183Mbps
無料・初月無料
MONSTER MOBILEMONSTER MOBILE【20GB】
1ヶ月目以降:1,980円
20GB:2,042円ダウンロード最大通信速度:150Mbps
アップロード最大通信速度:50Mbps
20GB:1,980円・初月半額キャンペーン
・「SAISON CARD Digital」×「MONSTER MOBILE」タイアップキャンペーン
・14日間お試しキャンペーン
THE WiFiTHE WiFi40GB:2,596円40GB:2,728円ダウンロード最大通信速度:150Mbps
アップロード最大通信速度:50Mbps
無料・30日間お試し
MONSTER MOBILEMONSTER MOBILE【100GB】
1ヶ月目以降:2,948円
100GB:2,997円ダウンロード最大通信速度:150Mbps
アップロード最大通信速度:50Mbps
100GB:2,948円・初月半額キャンペーン
・「SAISON CARD Digital」×「MONSTER MOBILE」タイアップキャンペーン
・14日間お試しキャンペーン
hi-ho Let’s Wi-Fihi-ho Let's Wi-Fi1日7GB・30日210GB
1~11ヶ月目:3,278円
12ヶ月目~:4,730円
1日7GB・30日210GB:4,259円ダウンロード最大通信速度:150Mbps
アップロード最大通信速度:50Mbps
1日7GB・30日210GB:4,300円+端末代残債・もっと!鬼コスパキャンペーン
Chat WiFiChat WiFiルータープラン・縛りなしプラン
20GB:2,600円~
50GB:2,980円
~200GB:4,928円~
ルータープラン・縛りなしプラン20GB:2,674円
50GB:3,054円200GB:5,002円
ダウンロード最大通信速度:150Mbps
アップロード最大通信速度:50Mbps
縛りなしプランは無料・新春キャンペーン
それがだいじWi-FiそれがだいじWi-Fi30GB:2,585円
100GB:3,267円
30GB:2,767円
100GB:3,449円
※縛りなしオプションの利用時
ダウンロード最大通信速度:150Mbps
アップロード最大通信速度:50Mbps
縛りなしオプションの利用で無料・30日間お試しキャンペーン
楽天モバイル楽天モバイル3GBまで:1,078円
20GBまで:2,178円無制限:3,278円
3,278円ダウンロード最大通信速度:867Mbps無料・Rakuten WiFi Pocket 1円キャンペーン
WiFiレンタルどっとこむ
Wi-Fiレンタルどっとこむ
1日:496円~
30泊31日:3,965円~
1日:496円~
30泊31日:3,965円~
ダウンロード最大通信速度:2.7Gbps
アップロード最大通信速度:183Mbps
※レンタルするポケット型WiFiの種類によって異なる

また、安いポケット型WiFiの選び方については以下のとおりです。

月額料金やデータ容量など、検討するポイントは多々ありますので、1つずつ比較しながら自分にぴったりのものを選んでみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

日本最大級のネット申込み相談「ネットのミカタ」が運営するWiFi比較・検証メディアです。安さだけではなく申し込んだあとの料金や使い方、他社比較などを含めて、お得に失敗しない回線選びをサポートします。

コメント

コメントする

目次